昭和産業「新中計20~22」 5つの基本戦略、引き続き推進

小麦加工 ニュース 2020.02.14 12013号 03面

 昭和産業は、2022年度を最終年度とする「新中期経営計画20~22」の基本戦略として、引き続き「基盤事業の強化」「事業領域の拡大」「社会的課題解決への貢献」「プラットフォームの再構築」「ステークホルダーエンゲージメントの強化」に取り組んでいく(一部既報)。「基盤事業の強化」では三つの戦略に取り組む。第一がグループ会社間の連携強化によるサプライチェーン改革。調達、製造・販売、物流などグループ間で連携することで、コストの抑制や安全・安心、安定を図っていく。  第二がシェア拡大に

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら