日清製粉ウェルナ、家庭用冷食を値上げ

 日清製粉グループの日清製粉ウェルナは6月29日、家庭用冷凍食品を価格改定すると発表した。9月1日納品分から、家庭用冷凍食品を約9%値上げする。
 輸入小麦の政府売渡価格が4月1日に改定され、さらにデュラム小麦やその他の一般原料も上昇している。また、海上運賃の大幅上昇、為替の円安影響、原油高による包装資材代、動力燃料費などの高騰も続いている。これらの価格変動は企業努力だけでは吸収できなくなったことから、価格改定に踏み切る。(久保喜寛)

書籍紹介