東北流通特集

東北流通特集:伏見屋・東海林誠社長 全農みやぎと農畜産事業

小売 2020.09.04 12109号 07面

全農みやぎと取組み強化(スーパービッグ六丁の目店)

全農みやぎと取組み強化(スーパービッグ六丁の目店)

コロナ禍で有名焼き肉店の弁当も(同)

コロナ禍で有名焼き肉店の弁当も(同)

 伏見屋は、グループのマルホンカウボーイ、スーパービッグ、モリヤなど東北で43店舗、千葉県でトップマート14店舗を展開している。数々のM&A(企業の合併・買収)、中小SM(食品スーパー)の事業継承で拡大してきた。昨年も民事再生法のスーパーアサノ、主婦の店エスモール店を引き継ぎ、現在も案件を抱えている。ただ、店舗強化に手抜かりはない。物流センター、PC(加工センター)稼働で競争に負けない店づくりを行っている。さらに全農みやぎとは、今年2月から農畜産において新たな取組みが始まった

  • 東北流通特集

    小売

     収束の気配が見えないコロナ禍に耐えるところは耐えてといった新たな生活が始まっている。休校、テレワークが続き、日々の生活を支える食をあらためて見つめ直す機運が高まったといえよう。多発するわが国の自然災害時において何が売れ […]

    詳細 >