長野・山梨地区夏季特集

長野・山梨地区夏季特集:信州味噌・醤油=独自性・地域密着で大手に対抗

味噌・醤油 2019.08.21 11927号 09面
竹屋恒例の夏祭り企画「みそプラザ」。今年も「みそ詰め放題」などで大にぎわいだった(8月、諏訪市)

竹屋恒例の夏祭り企画「みそプラザ」。今年も「みそ詰め放題」などで大にぎわいだった(8月、諏訪市)

 「信州味噌」の地元・長野県は、大手メーカーから中小の製造業、「蔵」規模の醸造場まで約120社がひしめく味噌大国。同県の味噌出荷量は全国の約50%を誇るが、一部大手への偏重が年々進み、中小・小規模メーカーは苦戦が続いている。新たなニーズ、市場に向けて、味噌以外のカテゴリーにも多彩な新商品を今期も投入する大手各社。対する中小メーカーは、独自性の先鋭化や地域密着の深耕などで、シェアの維持に全力を挙げている。

  • 長野・山梨地区夏季特集

    総合

     長引いた梅雨から一転、厳しい残暑が続く長野、山梨両県。初夏の天候不順が夏場の季節需要の立ち上がりに響き、熱気は地域の食品市場に及んでいない。地域が誇る豊富な果実・野菜も、日照不足の影響などで生育に遅れが出ている。  地 […]

    詳細 >