長野・山梨地区夏季特集

長野・山梨地区夏季特集:小売市場=オーバーストアさらに加速

小売 2019.08.21 11927号 06面
長野県で盤石の強さを誇るツルヤ(上諏訪店)。来秋に県外初となる群馬県への進出を計画する

長野県で盤石の強さを誇るツルヤ(上諏訪店)。来秋に県外初となる群馬県への進出を計画する

 甲信エリアの食品小売市場は、全国の地方商圏と同様に人口減少や少子高齢化が進み、消費基盤の弱体化が進む。食品スーパー(SM)やコンビニエンスストア(CVS)、ディスカウントストア(DS)、ドラッグストア(DgS)など、業態を越えたオーバーストアも加速。一方で、店頭などでの人手不足は深刻さを増し、閉店や撤退など店舗運営の行き詰まりも顕在化している。SM市場は、長野県のツルヤ、山梨県のオギノら地元チェーンが強固な基盤を維持するのに対し、ドミナント戦略で店舗拡大を図ってきた隣接リー

  • 長野・山梨地区夏季特集

    総合

     長引いた梅雨から一転、厳しい残暑が続く長野、山梨両県。初夏の天候不順が夏場の季節需要の立ち上がりに響き、熱気は地域の食品市場に及んでいない。地域が誇る豊富な果実・野菜も、日照不足の影響などで生育に遅れが出ている。  地 […]

    詳細 >