なめ茸・山菜加工特集

なめ茸・山菜加工特集:なめ茸製造量=20年度は5.8%増 中国製の伸び鈍化

農産加工 2021.11.24 12327号 05面

 なめ茸の主要メーカーは主原料であるエノキ茸の最大産地、長野県に集中し、これら各社が占めるカテゴリー市場のシェアは90%を超えている。
 長野県缶詰協会がまとめた20年4月~21年3月期のなめ茸製品製造量(会員6社の実績)は、84万5005ケース(容量、入り数などが異なる製品を1ケースで延べ集計した参考値)で、前期を5.8%上回った。海外製造分は集計外。
 追い風となったのは、やはりコロナ禍による内食化。特に国が緊急事態宣言を初

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • なめ茸・山菜加工特集

    なめ茸・山菜加工特集

    農産加工

     「ご飯のお供」の定番、なめ茸。値頃感の強い価格帯、ストック需要に応える保存性などを武器に、半世紀以上にわたって家庭の食卓を中心に親しまれている。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う内食化で、こうした優位性が消費者に再認識 […]

    詳細 >