ワイン特集

ワイン特集:各社動向=日本酒類販売 ジョージアワイン投入

酒類 2019.12.06 11981号 09面

 日本酒類販売は世界的に注目が高まっているジョージアのワインの取り扱いを始めた。すでに流通業から大きな関心を集めているという。だが、ジョージア産に対する認知度はいまだ低く、取り扱いは料飲店に限られているのが実情。競合他社がこれまで踏み込めなかった小売チャネルの開拓に先駆けて挑む。
 1~10月のワイン事業は、金額ベースで5%増と好調。イタリア産は20%増と大きく伸長。スパークリングワインの「ボッテガ」がけん引した格好。年間ではワイン計で7%増の着地を見

  • ワイン特集

    ワイン特集

    酒類

     フランス産ワインの輸入量が今年、首位のチリ産を上回る可能性が出てきた。仏産のボトルワイン(スパークリングを除く)の輸入が今年に入り急増。2月に発効した日欧経済連携協定(EPA)で欧州産の関税が撤廃されたためだ。市場をけ […]

    詳細 >