ワイン特集

ワイン特集:各社動向=国分グループ本社 「ロシュ・マゼ」に注力

酒類 2019.12.06 11981号 08面

国分グループ本社はフランス産「ロシュ・マゼ」ブランドの販売に注力する。足元では好調に販売を伸ばし、今後は家庭用のほか業務用の開拓も加速する。市場で定番品としてのポジションを築きたい考えだ。

1~10月の実績は、金額ベースで前年比5%増と目標を上回るペースで推移した。ロシュ・マゼは40%増以上で伸長し、年間目標の10万ケースを突破。主に家庭用で販売を伸ばしているが、業務用での取り扱いも着実に拡大しているという。このままの勢いを保ち、19年年間の着地はワイン計で5%増を見込む。

  • ワイン特集

    ワイン特集

    酒類

     フランス産ワインの輸入量が今年、首位のチリ産を上回る可能性が出てきた。仏産のボトルワイン(スパークリングを除く)の輸入が今年に入り急増。2月に発効した日欧経済連携協定(EPA)で欧州産の関税が撤廃されたためだ。市場をけ […]

    詳細 >