「麒麟がくる」コラボ明智光秀ゆかりの丹波ちまき

大河ドラマ「麒麟がくる」のタイトルロゴをパッケージに使用

大河ドラマ「麒麟がくる」のタイトルロゴをパッケージに使用

ケンミン食品は、創業70周年記念企画として、冷凍食品工場を構える「丹波」をアピールし、地域活性化に貢献するため、冷凍「丹波地鶏と黒枝豆のちまき」を19日に新発売した。大河ドラマ「麒麟がくる」のタイトルロゴをパッケージに使用した明智光秀ゆかりのちまきだ。

丹波の領主・明智光秀は、ちまきのエピソード(江戸時代前期の書籍「閑際筆記」参照)がある。併せて同社は、丹波篠山市に冷凍工場を設立し41年の歴史を有するとともに、2017年から、地元の老舗小田垣商店と共同開発により、冷凍「丹波篠山産丹波黒枝豆」を商品化し、希少な丹波黒枝豆の通年供給を可能にするなど、丹波と深い縁で結ばれている。

商品特徴は「丹波地鶏」「丹波篠山産丹波黒枝豆」「兵庫県産もち米・ヤマフクモチ」の三つの磨き抜かれた地元食材を、ちまき製造の40年のノウハウを生かして製造した点にあり、地鶏と国産椎茸を丁寧に煮込み、竹の皮で一つ一つ丁寧に手包みしたこだわりの一品となっている。

大河ドラマ「麒麟がくる」のタイトルロゴをパッケージに使用
会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら