台風19号関連

台風19号関連:乳業大手ら、大きな被害なし 物流面で懸念

乳肉・油脂 2019.10.16 11956号 02面

明治、森永乳業、雪印メグミルクの乳業大手3社は、現時点で台風19号による工場など生産拠点への大きな被害はないとの見方を示した。ただし、今回の河川氾濫などの影響で、物流ではすでに遅延が発生しており、今後の復旧状況が懸念される。

ヤクルト本社は、生産設備への被害はなかったが、東北・北関東・長野など広範囲の河川氾濫があった地域では、ヤクルトレディーの宅配拠点である事業所が浸水被害を受けた。

また、栃木県内に工場を持つフタバ食品と、埼玉県内に工場を持つ赤城乳業でも、現時点で生産設備に大きな被害はないと見ている。

台風の通過した各地の乳業メーカーでは、現時点では大きな被害は出ていないものとされるが、「一部のメーカーでは、周辺冠水などによる避難指示のため、操業がストップした所もある」(日本乳業協会)との報告もある。同協会では、複数の自治体から粉ミルクと液体ミルクの支援要請を受けている。(小澤弘教)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 台風19号関連

    台風19号関連

    総合

     12日夜から13日未明にかけて東日本を通過した台風19号は、食品業界にも大きな被害をもたらした。各地でメーカーの生産拠点や小売店舗が記録的な大雨や河川の氾濫による浸水被害に見舞われ、復旧を急いでいる。15日現在、冠水地 […]

    詳細 >