VOICE:チーズ普及協議会・佐藤雅俊会長 提案重ね消費拡大を

 2020年度までの6年間、「チーズ総消費量」は過去最高を更新してきたが、現在のコロナ禍やウクライナ危機で、足元は非常に厳しい環境にある。さらなる拡大へメニュー・食シーンの提案を重ね、消費拡大を進めることが最重要だ。
 ウクライナ危機で、世界の生産コストは大幅に高まっているが、消費があってこその生産。会員企業と一緒になって、チーズの普及拡大を進めていきたい。
 4月からの価格改定では、3月の前乗り需要もあって若干厳しい状況にある