尾西食品、小学生に防災体験授業実施 備えの大切さ訴え

液状化現象の実験を真剣に見守る小学生

液状化現象の実験を真剣に見守る小学生

 アルファ米最大手の尾西食品は、地域社会や自治体と連携し、子どもたちに防災や備えの大切さを体感しながら、身近に感じてもらう活動を推進している。その一環として18日、東京農業大学世田谷キャンパスで行われた、文部科学省後援の学校外教育整備授業「第56回ダヴィンチマスターズ」イベントで、小学1~4年生約200人を対象に体験学習プログラムとして、防災備蓄に関する講義を行った。保護者約600人に、災害に備える重要性を訴える講演会も実施した。
 防災備蓄に関する講

購読プランはこちら

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

書籍紹介