パン特集

パン特集:コモ 内外規格統一は間近 5年内に新たな工場建設

小麦加工 2021.06.16 12244号 09面

 コモ(愛知県小牧市、木下克己社長)は21年3月期、来期を最終年度とする中期経営計画の目標に掲げていた売上高64億円、経常利益3億円を前倒して達成した。背景には、廃棄ロス削減への機運とコロナ下による内食需要の増加でロングライフパンへの関心の高まりがある。また、長年手掛ける国内と海外向け製品の規格統一は保存性の検証段階に入った。そのほか、新工場建設の計画もあるなど、さらなる飛躍の兆しを感じる。
 同社はこれまで、レジ横などに設置可能な自社独自の販売台を用

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • パン特集

    パン特集

    小麦加工

     ◆学校給食パン、存続の危機回避 コロナ禍に伴う消費行動の変化で、パンの市場環境が目まぐるしく変化している。製パントップは、変化への迅速な対応が重要と指摘する。21年1月21日、東京都内で開催された日本パン工業会新春記者 […]

    詳細 >