北海道流通特集

北海道流通特集:道内スーパー夏商戦・緊急市場アンケート 巣ごもりの夏商戦、伸長に明暗

小売 2020.09.27 12122号 08面
内食化需要が高まり鮮魚、精肉など生鮮品が好調

内食化需要が高まり鮮魚、精肉など生鮮品が好調

青果売場には梨などの秋商品も並ぶ

青果売場には梨などの秋商品も並ぶ

 道内有力スーパー各社は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で店内入口への消毒アルコール設置や三密防止のため、混雑緩和時間の掲示、販促チラシ停止など対応策を講じてきた。5月25日に緊急事態宣言が全国的に解除されチラシも再開、8~9月と盆向け商品や秋の味覚掲載で集客合戦、経済回復へと動き始めた。日本食糧新聞社北海道支社ではコロナ禍における夏商戦への影響調査のため「2020道内スーパー夏商戦緊急市場アンケート」(判断時点は8月下旬)を実施した。  ◆客数減も客単価、買上点数増 中元

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 北海道流通特集

    北海道流通特集

    小売

     ●消費失速、価格競争突入懸念も 新型コロナウイルスの感染拡大で食生活のスタイルも一変した。在宅勤務やテレワーク、学校の休校など生活環境の変化により、外食を控え家庭内で食事をする中食や内食化の流れが一段と強まっている。道 […]

    詳細 >