凸版印刷、小売向け販促プラットホーム開発 店舗での接客支援を

凸版印刷はこのほど、小売業界向けに来店客の行動や特性に合わせて最適な広告をリアルタイムで配信する自動販促プラットホームを開発し、社内売店での実証実験を開始した。店内のデジタルサイネージなどを活用した販促活動の精度を向上させ、売上げ拡大への貢献や省人化対応した店舗での販促・接客支援の実現を目指す。

AIカメラを活用したサービスで高い技術を保有するAWL社をパートナーとし、AIカメラ技術と凸版印刷のCRM技術、デジタルサイネージなどの店頭表現デバイスを組み合わせたサービスを行う。

AIカメラ技術を活用し性別や年齢などの属性情報でユーザー識別を行い、来店者が店舗内においてどの売場に立ち寄ったかなどの回遊状況を分析する。そこから分かる行動特性に合わせ、最適な商品広告を店内のデジタルデバイスに即時配信する。属性情報と行動特性に基づいた最適なコンテンツを提供することで、来店者の購買意欲を刺激する。同プラットホームはこれまで難しいとされてきた店頭販促におけるリアルタイムでの容易な効果検証を実現し、店舗スタッフのオペレーション負担を減らしながら来店者への販売促進を提供するためのサービスとして提供する。

現在は来店者への効果や受容性評価の調査を行うため、社内にある売店で実証実験を実施中。同プラットホームを活用した新規サービスの第1弾は、20年1月から提供開始する。(涌井実)

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら