大日本印刷、充填後加熱殺菌対応のモノマテリアル包材開発

 大日本印刷は食品などの内容物を充填(じゅうてん)した後に、ボイル殺菌・レトルト殺菌などの加熱殺菌処理をしても酸素や水蒸気などに対するバリア性を保持する「DNPモノマテリアル包材 PPボイル・レトルト仕様」=写真=を開発した。
 同製品は酸素や水蒸気などに対するバリア性を保持しながら、内容物の長期保存に適したモノマテリアルのパッケージ。ポリプロピレンの単一素材でできているためリサイクル性が高く、パッケージの製造、廃棄工程でのCO2排出量や廃棄物量の削減

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら