3月家計調査 消費支出6.2%増 食品は横ばい

総合 統計・分析 2021.05.17 12228号 03面

 総務省が発表した3月の家計調査(全国・2人以上の世帯)によると、1世帯当たりの消費支出は30万9800円で、物価変動の影響を除いた実質で前年比6.2%増加した。消費支出の増加は4ヵ月ぶり。外食を含む食料品への支出は7万9329円で前年並みだった(数値はいずれも変動調整値)。
 新型コロナウイルス感染拡大で前年の消費が落ち込んでいた反動が大きかった。住宅の設備修繕・維持、家庭用耐久財、授業料、教養娯楽用耐久財などが増加した。食料品は横ばいだった。

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら