関東小売流通/北関東・新潟夏季特集

関東小売流通/北関東・新潟夏季特集:大手CVS 店舗抑制方針で増店数鈍化

小売 2019.08.16 11924号 08面

 大手コンビニエンスストア(CVS)3チェーンの19年2月期(18年度)の関東と新潟地区の店舗状況は国内最大市場規模ながら、増店数が鈍化している。同地区の3チェーン合計の店舗数は1万8718店、増減数は18年2月期(17年度)末比で386店だった。着実に増加したものの、17年度の増店数が541店に比べて155店減ったことになる。  18年度の同エリアの増店数はセブンイレブンが227店と18年2月期(17年度)比で84店減、ローソンが380店と17年度比で110店少なかった。た

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら

  • 関東小売流通/北関東・新潟夏季特集

    小売

     2019年上期の消費環境を振り返ると、スーパーマーケット(SM)業界3団体の月次動向からは停滞感が見て取れる。3月までは特に低調で、5~6月は改善に向かったものの、直近7月は低気温と長雨が響いた。関東エリアの動向も全国 […]

    詳細 >