5月CVS売上高、2桁の減少続く

小売 統計・分析 2020.07.01 12074号 04面

 日本フランチャイズチェーン協会(JFA)の20年5月度のCVS(コンビニエンスストア)統計によれば、既存店売上伸び率は前年比10.0%減と3ヵ月連続で前年を下回った。3月度の同5.8%減、4月度の同10.6%減と大幅なマイナスが続いている。  5月も引き続き緊急事態宣言による在宅勤務や外出自粛などで客数が同19.9%減と2割弱も減ったのが響いた。内食需要により生鮮食品、乳製品、調味料などが好調だったほか、冷凍食品や酒類などのまとめ買いで客単価は同12.4%の増加だったものの

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら