20年上期GMS・SM統計 内食拡大で食品増 中食減り惣菜前年割れ

小売 統計・分析 2020.09.09 12111号 04面

 20年上期(1~6月)の総合スーパー(GMS)、食品スーパー(SM)の既存店売上げは前年を上回った。GMSを中心とする日本チェーンストア協会の統計では、既存店は全体で前年比0.4%増で、食品が同5.8%増とけん引した。全国スーパーマーケット協会、日本スーパーマーケット協会、オール日本スーパーマーケット協会のSM3団体統計(確報)でも全体で同6.1%増、食品同6.8%増と大幅に伸長した。2月以降、新型コロナウイルスの感染拡大で内食需要が拡大したため。一方、中食需要が減少して惣

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら