CVS中間決算、コロナ反動でプラス 新ニーズ獲得が鍵

小売 決算 2021.10.18 12310号 01面

 コンビニエンスストア(CVS)6社の22年2月期中間決算は、前年同期に新型コロナウイルスの影響で苦戦した反動で既存店売上高も5社が上回った。本業のもうけを示す営業利益も4社が前年同期を上回った。ただし営業増益だった大手3社もコロナ前の一昨年同期を上回る実績には届かず。下期以降、各社ともコロナで生まれた新たなニーズをいかに獲得できるかが鍵を握る。一方、営業損失を計上した中堅は事業の再構築に待ったなしだ。(山本仁)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら