今日は何の日

2月25日。今日はエビスの日

2月25日はサッポロビール株式会社が制定したエビスの日。1980年2月25日にエビスビールが初めて発売されたことに由来する。

酒類 今日のキーワード: ビール

ビールの語源

ビールは古代バビロニアではシカリといった。このシカリがヘブライ語ではシェケール(濃い酒)となり、ギリシャ語ではシケラ(甘い酒)となる。ホメロスの「イーリアス」にはキューケイオー(混ぜ粥)というものが出てくるが、これは粥といっても飲みものといったもので、元来はビールではなかったかといわれている。

ケルト人(ガリア人)はローマ時代、フランス地方に住んでいたが、ローマ人は彼らの飲むビールをセルボワーズとよんでいた。これはスペイン語のセルヴェーサ、ポルトガル語のセルヴェージャと同じく、ラテン語のセレビシア(ケレスのヴィシア、生命力)に由来する。ケルト人は自分たちの言葉ではアルーとかエウルといっていたようである。これはエール同様「植物のしぼり汁」の意味で、苦味や渋味をもつ植物を加えた飲料を指していたといわれる。オイルも同じ系統の言葉である。

ビールという言葉はゲルマン語のベオレ、つまり穀物からきたといわれている。どうやらこれが現在のビールの語源といえるのかもしれない。 ロシア語ではビールのことをビーヴォという。“飲む”のビート、“酒類、飲料”のビートョの古語ビーヴァトに関係があるようである。今もつくられるクワスはパンを砕いて水に入れ、発酵させたものである。

(日本食糧新聞社『食品産業事典 第九版』(引用箇所の著者:秋山裕一 ))

亀田製菓、米菓「無限エビ」が異例のヒット 1週間で100万袋達成
2021.04.22
料飲店向け蒸留酒提案広がる 国産ジンやハイボール多様に
2021.04.22
セブンイレブンと京王ストア、業務提携で駅売店FC化 2年間で40店転換
2021.04.22
新生ディアジオ ジャパン始動、高級洋酒の直接販売開始
2021.04.22
国分グループの低温フレッシュデリカ方針 収益の柱へ育成、横串の中核に
2021.04.22

タイアップ企画広告一覧

異物混入を防ぐ監視システム最前線
知的財産講座
農業・食産業の知的財産
お茶と茶器の素敵な関係
D2Cを加速
食品安全マネジメントに関わるHACCPの重要性
#元気いただきますプロジェクトNEWS
発酵調味料TasteNrichが国内本格発売開始
ヴァイカンテクニカルレポート
HACCP制度化がスタート
食べて応援ご当地名物30選
職人技は動画で伝える
うつわが彩る華やかな食卓
資源循環に挑む
食べ物の単位と漢字1
アマニ事典1

毎日が展示会

動画配信フードジャーナル

日食フードジャーナル

おうちで焼肉