今日は何の日

2月26日。今日は脱出の日

1815年2月26日、ナポレオン・ボナパルトが流刑されていたエルバ島と脱出。パリへ戻り復位を成し遂げた。

酒類 今日のキーワード: 洋酒

ナポレオンが普及させた酒、コニャック

酒には紀元前からあった酒類と、近代になって発展したものとがある。酒の女王ともいえる ブランデーは後者の酒で、その歴史はたかだか400年である。

ブランデーのもととなるブドウ酒と蒸溜技術は紀元前から存在し、現に未開人ですら蒸溜酒をもっているほどである。しかしブドウ酒の蒸溜酒は長い間造られなかった。おそらく、ブドウ酒がそれ自体うますぎて、しかも、あまりに身近にあって、そのなかにもっとすばらしい精 (スピリット)が隠されていたとは気がつかなかったのであろう。

13世紀になって錬金術師のアルノー・ド・ヴィルヌーヴ(Arnaud de Villeneuve)は、実験室内でブドウ酒を蒸溜し、予想もしなかった液がとれ、これをラテン語でアクア・ヴィテ「生命の水」と命名した。しかし、蒸溜したてのブランデーは荒々しく、現在の熟成したブランデーのようなふくいくたる香気にはほど遠く、決してすばらしい飲みものとはいえない。14世紀までは主に薬用であったこともうなずける。1630年にはコニャック地方で豊作のために生産過剰となったブドウ酒を用いて、アルザス地方で行われていた、「焼いたブドウ酒」と同じものを作った。1630年をコニャックの始まりというのはこの事情による。その後、ルイ14世の保護政策、次いでナポレオンの普及策などによってコニャックの名は全世界的となった。

(日本食糧新聞社『食品産業事典 第九版』(引用箇所の著者:東京農業大学 徳岡昌文))

【速報】明治HD、根室市自然環境保全に200万円 「企業版ふるさと納税」活用
2024.04.17
不二家、「ルック」値上げ=カカオ豆高騰で7月から【時事通信速報】
2024.04.17
【速報】農水省、工場ロボットに衛生指針 生産性向上策の一環で
2024.04.17
【速報】出先5機関が連携協定 「物流24年問題」対応へ
2024.04.17
【速報】森永乳業、ベトナム幼稚園へ給食調理施設
2024.04.17

タイアップ企画広告一覧

動画配信フードジャーナル

日食フードジャーナル

おうちで焼肉

毎日が展示会