今日は何の日

2月28日。今日はビスケットの日

2月28日は全国ビスケット協会が制定したビスケットの日。1855年2月28日に長崎でパンの製法を学んでいた水戸藩の柴田方庵が同藩の萩信之助にパン・ビスコイト製法書」を送った。これが日本で初めてビスケットの製法を記した文書になったことに由来する。

菓子 今日のキーワード: ビスケット

ビスケットの語源は「二度焼かれたパン」

ビスケットの語源はラテン語のビス・コクトゥス(bis coctus)で、その意味は、二度焼かれたものとされている。このビス・コクトゥスは、のちに二度焼かれたパンというラテン語のビス・コクトゥス・パーニスともいわれるようになった。古代ヨーロッパでは、航海や遠征のための食料として日持ちのよい二度焼かれたパンを持参していたといわれている。

〈中略〉

ビスケットが本格的に作られるようになったのは、16世紀の後半のことで、ヨーロッパの宮廷で食べられるようになり、イギリスのエリザベス女王は、技師オズボンに命じて、宮廷に焼き窯を作りビスケットを製造していたといわれているほか、フランスの王妃マリーアントワネットも宮廷でビスケットを作っていたという話が伝わっている。

(日本食糧新聞社『食品産業事典 第九版』(引用箇所の著者:一般社団法人 全国ビスケット協会 今村 洋 ))

サミット、デジタル活用積極化 スマホ決済成果
15:38
原信とナルス、肉・魚・物産品の販路拡大を支援
14:25
サミット、新体制・新中計始動 住商グループ連携強化も
13:40
コカ・コーラシステム、システム初の完全ラベルレスPETボトル実現
13:35
エア・ウォーター、桂通商の株式取得 西日本の物流強化と農業・食品事業連携へ
12:00

タイアップ企画広告一覧

職人技は動画で伝える
うつわが彩る華やかな食卓
資源循環に挑む
食べ物の単位と漢字1
アマニ事典1

毎日が展示会

動画配信フードジャーナル