今日は何の日

5月14日。今日はマーマレードの日

5月14日はダルメイン世界マーマレードアワード&フェスティバル日本大会実行委員会が制定したマーマレードの日。マーマレードの祭典「ダルメイン世界マーマレードアワード&フェスティバル」の第1回日本大会が2019年5月12日に開幕したことを記念し、4月14日のオレンジデーの1カ月後に定められた。

びん・缶詰 今日のキーワード: ジャム

ジャムとは明確に区別されるマーマレード

ジャム類には、びん詰、缶詰 (大缶、丸缶)、カップ詰、小袋詰があり、びん詰の流通量がもっとも多い。原料種別では、イチゴ、ブルーベリー、アンズ、リンゴのほかプラム、チェリー、パインアップル、ブドウ、モモ、イチジク、各種ベリー類(ラズベリー、ブラックカラント、ブルーベリー、クランベリーなど)、パッションフルーツ、バラ、ショウガ、夏・冬橙の皮などを使ったマーマレードがある。ジャム類(缶詰、びん詰)の国内生産量は3.7万tであり、これに輸入品の1.8万tを加えた数量が国内供給量である。

JAS規格では、ジャム類をジャム、マーマレード、ゼリー、プレザーブスタイルの4種類に分けている。それによると、

  • ジャム類とは果実を糖類(砂糖、ブドウ糖、果糖)とともにゼリー化するまで煮詰めたもので、ゲル化剤(ペクチン)、酸味料、香料を加えてもよい。
  • マーマレードは、かんきつ類の果実を原料としたもので、果皮を含むもの。
  • ゼリーとは、果実の搾汁を原料としたもの。
  • プレザーブスタイルとは、ベリー類の果実を原料とするものでは、全形の果実(いちごを原料とするものでは全形または二つ割)、ベリー以外の果実を原料とするものでは、5mm 以上の厚さの果肉片を原料とし、その原形を保持するようにしたもの

と規定されている。

(日本食糧新聞社『食品産業事典 第九版』(引用箇所の著者:沼尻光治、公益社団法人 日本缶詰協会 金村宣昭 ))

ヒゲタ醤油、業務用開拓で健闘 20年度は減収増益
2021.06.17
コープこうべ、新理事長に馬場一郎氏 新組合長理事に岩山利久氏
2021.06.17
日清フーズ、EC向けパン用ミックス粉「Wheat&Bake」発売
2021.06.17
アイリスオーヤマ、「マスク日本産業規格」認証取得へ
2021.06.17
食品・酒類メーカー大手30社20年度業績 内食集中の減収増益
2021.06.17

タイアップ企画広告一覧

EUセミナーレポート
デジタル活用のヒント
異物混入を防ぐ監視システム最前線
知的財産講座
農業・食産業の知的財産
お茶と茶器の素敵な関係
D2Cを加速
食品安全マネジメントに関わるHACCPの重要性
#元気いただきますプロジェクトNEWS
発酵調味料TasteNrichが国内本格発売開始
ヴァイカンテクニカルレポート
HACCP制度化がスタート
食べて応援ご当地名物30選
職人技は動画で伝える
うつわが彩る華やかな食卓
資源循環に挑む
食べ物の単位と漢字1
アマニ事典1

毎日が展示会

動画配信フードジャーナル

日食フードジャーナル

おうちで焼肉