今日は何の日

5月14日。今日はマーマレードの日

5月14日はダルメイン世界マーマレードアワード&フェスティバル日本大会実行委員会が制定したマーマレードの日。マーマレードの祭典「ダルメイン世界マーマレードアワード&フェスティバル」の第1回日本大会が2019年5月12日に開幕したことを記念し、4月14日のオレンジデーの1カ月後に定められた。

びん・缶詰 今日のキーワード: ジャム

ジャムとは明確に区別されるマーマレード

ジャム類には、びん詰、缶詰 (大缶、丸缶)、カップ詰、小袋詰があり、びん詰の流通量がもっとも多い。原料種別では、イチゴ、ブルーベリー、アンズ、リンゴのほかプラム、チェリー、パインアップル、ブドウ、モモ、イチジク、各種ベリー類(ラズベリー、ブラックカラント、ブルーベリー、クランベリーなど)、パッションフルーツ、バラ、ショウガ、夏・冬橙の皮などを使ったマーマレードがある。ジャム類(缶詰、びん詰)の国内生産量は3.7万tであり、これに輸入品の1.8万tを加えた数量が国内供給量である。

JAS規格では、ジャム類をジャム、マーマレード、ゼリー、プレザーブスタイルの4種類に分けている。それによると、

  • ジャム類とは果実を糖類(砂糖、ブドウ糖、果糖)とともにゼリー化するまで煮詰めたもので、ゲル化剤(ペクチン)、酸味料、香料を加えてもよい。
  • マーマレードは、かんきつ類の果実を原料としたもので、果皮を含むもの。
  • ゼリーとは、果実の搾汁を原料としたもの。
  • プレザーブスタイルとは、ベリー類の果実を原料とするものでは、全形の果実(いちごを原料とするものでは全形または二つ割)、ベリー以外の果実を原料とするものでは、5mm 以上の厚さの果肉片を原料とし、その原形を保持するようにしたもの

と規定されている。

(日本食糧新聞社『食品産業事典 第九版』(引用箇所の著者:沼尻光治、公益社団法人 日本缶詰協会 金村宣昭 ))

外資系ファンド3社が候補=そごう・西武の売却先
2022.05.24
「サントリー」社長に鳥井氏=創業者のひ孫
2022.05.24
4月の百貨店売上高19%増=まん延防止解除で客足回復
2022.05.24
ニッスイ、サバ缶再値上げ=7月、原料さらに高騰
2022.05.24
回転ずしに値上げの波=円安で食材高騰、1皿100円困難に
2022.05.24

タイアップ企画広告一覧

製造日報電子化システムを導入 業務負担の大幅な軽減を実現
沖縄国際物流ハブ
エネルギー消費量の削減とBCPを実現
NTTビジネスソリューションズ
cccmk
宮崎工業団地
EU産オリーブオイル
NZ食材
アメリカ大豆
麻婆豆腐カップ
サステナブル・シーフード
新しい資金調達の選択肢 電子請求書早払い
食の安全を守る微生物検査のポイント
食品工場のスマートファクトリー化と省力化・自動化
世界のアマニから
世界最大の生産国 アメリカン・チーズを探る
健康・SDGs惣菜にくるみ
ディープラーニング画像検査
プルーンが解決する食の未来
カリフォルニア・アーモンド フェア
EUセミナーレポート
デジタル活用のヒント
異物混入を防ぐ監視システム最前線
知的財産講座
農業・食産業の知的財産
お茶と茶器の素敵な関係
D2Cを加速
食品安全マネジメントに関わるHACCPの重要性
#元気いただきますプロジェクトNEWS
発酵調味料TasteNrichが国内本格発売開始
ヴァイカンテクニカルレポート
HACCP制度化がスタート
食べて応援ご当地名物30選
職人技は動画で伝える
うつわが彩る華やかな食卓
資源循環に挑む
食べ物の単位と漢字1
アマニ事典1

毎日が展示会

動画配信フードジャーナル

日食フードジャーナル

おうちで焼肉