今日は何の日

5月13日。今日はカクテルの日

5月13日は4つのバーテンダー団体が制定したカクテルの日。1806年5月13日にアメリカの週間新聞「バランス・アンド・コロンビア・リポジトリ」に初めてカクテルの定義が掲載されたことに由来する。

酒類 今日のキーワード: カクテル

リキュールの普及が先か、カクテルの流行が先か

リキュールの言葉の語源は、 アルノード・ビルヌーブとラモン・ルルが命名したリケファケレが変化したとする説と、ラテン語で液体を意味するリクオルが語源とする説がある。リキュールは古代ギリシャ時代に医師のヒポクラテスがワインに薬草を溶かし込んだ薬酒を作ったのが始まりとされる。現在のリキュールのように蒸留酒をベースとしたリキュールが造られたのは11世紀と考えられる。

15~17世紀は大航海時代で、 世界各地からスパイスや果実が持ち込まれたこともあって、リキュールは薬酒から果実を主体としたものへと変化した。果実リキュールはルイ王朝などヨーロッパの宮廷でもてはやされ、 各種の色鮮やかなリキュールが造られて「液体の宝石」とよばれるほどになった。また各地でリキュール製造会社が設立されたが、なかでもオランダのボルス社は1575年の創立で、世界でもっとも古いリキュール・メーカーといわれる。またボルドーのマリー・ブルザールはアニスをベースにしたアニゼットというリキュールを開発するなど、 各地にリキュール・メーカーが現れた。

近代では、高アルコール濃度のスピリッツの製造が可能となって新たなリキュールが開発された。また世界中でカクテルが流行してバーテンダーという職業ができると、カクテルの材料のリキュールはますます種類が増えて高品質化した。

(日本食糧新聞社『食品産業事典 第九版』(引用箇所の著者:東京農業大学 佐藤和夫)

極洋、市販用缶詰10月値上げ
2022.06.25
漁網がかばんやウエアに=海の廃棄物で再生素材
2022.06.25
移動販売車で手軽にイベント=広がる用途、商品PR・体験会も
2022.06.25
サッポロが米クラフトビール買収=200億円超、2工場取得
2022.06.24
粉ミルクなど値上げ=10月以降―アサヒグループ食品
2022.06.24

タイアップ企画広告一覧

営業マンの担当件数倍増 業務用卸が創造するDX戦略と課題
飲食店はご注意!食中毒に備える保険
デジタルワークフローでDX推進
原価変動シミュレーション機能で仕入れ価格の上昇対応
日本の「食」と「酒」の文化を、冷やして世界へ
製造日報電子化システムを導入 業務負担の大幅な軽減を実現
沖縄国際物流ハブ
エネルギー消費量の削減とBCPを実現
NTTビジネスソリューションズ
cccmk
宮崎工業団地
EU産オリーブオイル
NZ食材
アメリカ大豆
麻婆豆腐カップ
サステナブル・シーフード
新しい資金調達の選択肢 電子請求書早払い
食の安全を守る微生物検査のポイント
食品工場のスマートファクトリー化と省力化・自動化
世界のアマニから
世界最大の生産国 アメリカン・チーズを探る
健康・SDGs惣菜にくるみ
ディープラーニング画像検査
プルーンが解決する食の未来
カリフォルニア・アーモンド フェア
EUセミナーレポート
デジタル活用のヒント
異物混入を防ぐ監視システム最前線
知的財産講座
農業・食産業の知的財産
お茶と茶器の素敵な関係
D2Cを加速
食品安全マネジメントに関わるHACCPの重要性
#元気いただきますプロジェクトNEWS
発酵調味料TasteNrichが国内本格発売開始
ヴァイカンテクニカルレポート
HACCP制度化がスタート
食べて応援ご当地名物30選
職人技は動画で伝える
うつわが彩る華やかな食卓
資源循環に挑む
食べ物の単位と漢字1
アマニ事典1

毎日が展示会

動画配信フードジャーナル

日食フードジャーナル

おうちで焼肉