今日は何の日

5月13日。今日はカクテルの日

5月13日は4つのバーテンダー団体が制定したカクテルの日。1806年5月13日にアメリカの週間新聞「バランス・アンド・コロンビア・リポジトリ」に初めてカクテルの定義が掲載されたことに由来する。

酒類 今日のキーワード: カクテル

リキュールの普及が先か、カクテルの流行が先か

リキュールの言葉の語源は、 アルノード・ビルヌーブとラモン・ルルが命名したリケファケレが変化したとする説と、ラテン語で液体を意味するリクオルが語源とする説がある。リキュールは古代ギリシャ時代に医師のヒポクラテスがワインに薬草を溶かし込んだ薬酒を作ったのが始まりとされる。現在のリキュールのように蒸留酒をベースとしたリキュールが造られたのは11世紀と考えられる。

15~17世紀は大航海時代で、 世界各地からスパイスや果実が持ち込まれたこともあって、リキュールは薬酒から果実を主体としたものへと変化した。果実リキュールはルイ王朝などヨーロッパの宮廷でもてはやされ、 各種の色鮮やかなリキュールが造られて「液体の宝石」とよばれるほどになった。また各地でリキュール製造会社が設立されたが、なかでもオランダのボルス社は1575年の創立で、世界でもっとも古いリキュール・メーカーといわれる。またボルドーのマリー・ブルザールはアニスをベースにしたアニゼットというリキュールを開発するなど、 各地にリキュール・メーカーが現れた。

近代では、高アルコール濃度のスピリッツの製造が可能となって新たなリキュールが開発された。また世界中でカクテルが流行してバーテンダーという職業ができると、カクテルの材料のリキュールはますます種類が増えて高品質化した。

(日本食糧新聞社『食品産業事典 第九版』(引用箇所の著者:東京農業大学 佐藤和夫)

ヒゲタ醤油、業務用開拓で健闘 20年度は減収増益
2021.06.17
コープこうべ、新理事長に馬場一郎氏 新組合長理事に岩山利久氏
2021.06.17
日清フーズ、EC向けパン用ミックス粉「Wheat&Bake」発売
2021.06.17
アイリスオーヤマ、「マスク日本産業規格」認証取得へ
2021.06.17
食品・酒類メーカー大手30社20年度業績 内食集中の減収増益
2021.06.17

タイアップ企画広告一覧

EUセミナーレポート
デジタル活用のヒント
異物混入を防ぐ監視システム最前線
知的財産講座
農業・食産業の知的財産
お茶と茶器の素敵な関係
D2Cを加速
食品安全マネジメントに関わるHACCPの重要性
#元気いただきますプロジェクトNEWS
発酵調味料TasteNrichが国内本格発売開始
ヴァイカンテクニカルレポート
HACCP制度化がスタート
食べて応援ご当地名物30選
職人技は動画で伝える
うつわが彩る華やかな食卓
資源循環に挑む
食べ物の単位と漢字1
アマニ事典1

毎日が展示会

動画配信フードジャーナル

日食フードジャーナル

おうちで焼肉