今日は何の日

5月15日。今日はヨーグルトの日

5月15日は株式会社明治が制定したヨーグルトの日。ヨーグルトに含まれるブルガリア菌が老化予防に役立つことを発表したイリア・メチニコフ博士の誕生日が1845年5月15日であることにちなむ。

乳肉・油脂 今日のキーワード: ヨーグルト

使用乳酸菌が制限されていたヨーグルト

わが国において、発酵乳が商品として販売されたのは文明開化の明治20(1887)年代。整腸効果をうたい「凝乳(ぎにゅう)」、 あるいは「滋養食品ケフィール」など、乳酸菌飲料状の乳加工品が販売されていた。

法令による規制を見てみると、昭和7年。「清涼飲料水営業取締規則」の一部が改正され、牛乳または乳製品を原料とする酸性飲料を新たに清涼飲料水に追加し、乳酸菌飲料に近いものが初めて規制された。

牛乳または乳製品を原料とする酸性飲料とは牛乳または乳製品を乳酸発酵させたものを原料として加え、あるいは牛乳または乳製品のほかクエン酸等の他 の酸類を加えて著しく酸味を呈するようにした飲料である。

その後、食品衛生法において昭和23年、発酵牛乳として規制され、同25年、はっ酵乳として成分規格が無脂乳固形分3.0%以上と決められた。乳酸菌飲料に ついては昭和32年に規定された。

同36年には、はっ酵乳および乳酸菌飲料の成分規格に乳酸菌数または酵母数の規格を設け、発酵乳については1cc当たり1,000 万個以上、乳酸菌飲料については100万個以上とした。 また、使用乳酸菌がブルガリクス桿菌、アシドフイルス桿菌、 乳酸球菌(Streptococcus lactis)およびサーモフイルス球菌 (Streptococcus thermophiles)の4菌種に限定され、これ以外については厚生大臣の承認を受けなければならなかった。なお、 使用乳酸菌の制限は同43年に廃止されている。

同44年に現在の規定が設けられている。

(日本食糧新聞社『食品産業事典 第九版』(引用箇所の著者:一般社団法人 全国発酵乳乳酸 菌飲料協会 森田邦雄))

ヒゲタ醤油、業務用開拓で健闘 20年度は減収増益
2021.06.17
コープこうべ、新理事長に馬場一郎氏 新組合長理事に岩山利久氏
2021.06.17
日清フーズ、EC向けパン用ミックス粉「Wheat&Bake」発売
2021.06.17
アイリスオーヤマ、「マスク日本産業規格」認証取得へ
2021.06.17
食品・酒類メーカー大手30社20年度業績 内食集中の減収増益
2021.06.17

タイアップ企画広告一覧

EUセミナーレポート
デジタル活用のヒント
異物混入を防ぐ監視システム最前線
知的財産講座
農業・食産業の知的財産
お茶と茶器の素敵な関係
D2Cを加速
食品安全マネジメントに関わるHACCPの重要性
#元気いただきますプロジェクトNEWS
発酵調味料TasteNrichが国内本格発売開始
ヴァイカンテクニカルレポート
HACCP制度化がスタート
食べて応援ご当地名物30選
職人技は動画で伝える
うつわが彩る華やかな食卓
資源循環に挑む
食べ物の単位と漢字1
アマニ事典1

毎日が展示会

動画配信フードジャーナル

日食フードジャーナル

おうちで焼肉