日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

  • 酒類

    ワイン業界のプロの女性が5人1組でブラインド審査を行う

    ワインアンドスピリッツ文化協会、「サクラアワード2018」過去最多の4342品目(2018.02.05)

     ワインアンドスピリッツ文化協会は1月29~31日の3日間、女性だけのワイン審査会「サクラアワード2018」を東京のウエスティンホテル東京で実施した。国内のワイン消費量を増やすことを目的に開催し、今年で5回目。世界34ヵ国から過去最多…

  • 調味

    「京のドレッシング」シリーズ2アイテム

    創味食品、業務用「京のドレッシング」シリーズ発売(2018.02.05)

     【関西】創味食品は3月1日から、業務用新商品として「京のドレッシング」シリーズを展開し2アイテムを発売する。同シリーズは京都の素材を使い京都の工場で生産する、京都市に本社を置く同社ならではのドレッシングだ。

     「創味 聖…

  • 酒類

    菊正宗酒造、兵庫発「しぼりたて・純米酒」発売(2018.02.05)

     【関西】菊正宗酒造は、特別栽培米兵庫県但馬産コシヒカリの新米を100%使用した「しぼりたて・純米酒」(写真)を2日、兵庫県内のコープこうべで2500本限定で販売を開始した。

     同品は、原料とするコメを地元の生協であるコー…

  • 酒類

    薩摩酒造、本格芋焼酎「黒白波 維新ラベル」発売(2018.02.05)

     【関西】ことしは明治維新150周年に当たりNHK大河ドラマ「西郷どん」の放映もスタートし、鹿児島県に注目が集まる中、薩摩酒造は、薩摩の偉人にあやかった「黒白波 維新ラベル」(写真)を3月5日、数量限定で新発売する。

     同…

  • 小麦加工

    日米珈琲、フジパンとコラボのコッペパン発売(2018.02.05)

     【関西】コーヒー業務用卸・小売の日米珈琲は、フジパンとコラボしたコッペパン「コッペパン ~神戸珈琲職人のコーヒー~」(写真)を発売。

     同商品は日米珈琲の持つ「神戸珈琲職人」ブランドコーヒーを使用したクリームをたっぷりと…

  • 菓子

    栗山米菓、「イースターばかうけアソート(サンリオ)」発売(2018.02.05)

     栗山米菓は、18年のイースター時期に合わせ、同社の人気ブランド「ばかうけ」「サンリオキャラクターズ」のコラボレーション商品「イースターばかうけアソート(サンリオ)」(写真)を19日から期間限定で発売する。

     「ばかうけ」…

  • 菓子

    日本語表記面

    日仏貿易、「マテルネ コンポート」12品をリニューアル(2018.02.05)

     日仏貿易は、フルーツ加工専門に130年以上の歴史を持つベルギーのマテルネ社の低糖度に仕上げ、果物本来の味わいを最大限に生かした「マテルネ コンポート」12品をリニューアル発売する。

     リニューアルでは、三角瓶という容器の…

  • 乳肉・油脂

    日世、卓上型フリーザー進化 殺菌・洗浄記録機能追加(2018.02.05)

     【関西】日世は1日、従来の卓上型ソフトクリームフリーザー「NA-9424AE」を殺菌や洗浄などの記録が残る仕様に改良し、「NA-9524AE」(写真)として新たに発売した。

     厚生労働省が中心となって「食品衛生管理の国際…

  • 酒類

    「ワイルドターキーケンタッキースピリット」を持つ松沢幸一明治屋社長(左)とエディー・ラッセル氏

    明治屋、バーボン「ワイルドターキー」取り扱いスタート 各地でセミナーも(2018.02.05)

     明治屋はバーボンウイスキー「ワイルドターキー」の取り扱いを1月からスタートした。同社では1月下旬から4代目マスターディスティラーのエディー・ラッセル氏を招いたセミナーを東京、大阪、福岡などで続け、伝統の製法や近年の取組みなどを伝えて…

  • 水産加工

    大型のビニールハウス3棟が並ぶ養殖施設と小林豊男社長

    紫雲の郷、新発田産トラフグの陸上養殖に成功(2018.02.05)

     【新潟】温泉施設「紫雲の郷」(新発田市藤塚浜)は2017年12月、同地で育てた養殖トラフグを市内レストランなどに初出荷した。温泉、レストラン、温泉トラフグ養殖事業を統括する紫雲寺記念館の小林豊男代表取締役社長に成功までの経緯と今後の…

  • 調味

    高橋克郎社長

    JSN、「ひすいわさび乾燥粉末」をロシアに輸出(2018.02.05)

     【新潟】約20年にわたるロシアでの情報誌発行、ロシアと日本の2国間のビジネスサポートで定評のあるJSN。2016年に新潟本社(中央区)を地域商社として活動をスタート。17年1月に高橋克郎氏が新社長に就任した。大手商社の海外担当として…

  • 小麦加工

    板垣一寿店主

    大峰山を守るそば屋「山岳手打ちそば一寿」 ダッタンそばの伝道師に(2018.02.05)

     ●地域活性化にも一役

     【新潟】日本一小さな山脈「櫛形山脈大峰山」の守り人として地域に貢献する板垣一寿(かずとし)氏。山好きが高じて大峰山の麓に「山岳手打ちそば一寿」を開店、ダッタンそばやその含有成分ルチンの機能性の紹介…

  • その他

    糸魚川市、復興まちづくり計画推進(2018.02.05)

     【新潟】2016年12月22日に発生した糸魚川市駅北大火。147棟が焼け、焼失面積約4万平方m。糸魚川市は17年8月に、早期復興を推進する「糸魚川市駅北復興まちづくり計画」を発表。国石ヒスイのように固い絆で歴史ある街道沿いの街並みに…

  • 機械・資材・IT

    「和の皿」を意味する「WASARA」。「WA」には資源の循環を表す「輪」「環」への思いも込められている

    日本発エコ容器「WASARA」 国内外で高評価 使い捨て概念覆す(2018.02.02)

     日本生まれのエコ容器「WASARA(ワサラ)」が国内外で評価を高めている。非木材のサトウキビ繊維と竹を主原料として作られた紙の器は、国際会議や大使館主催のパーティーなどで重宝され、料理を引き立てる美しいデザインが“使い捨て容器”の概…

  • 菓子

    右から鎌田崇裕カルチュア・コンビニエンス・クラブ常務、井上ゆかり日本ケロッグ社長、大谷弘子同社本部長、上野和彦ティップネス部長

    日本ケロッグ、シリアルで戦略品 “腸の健康”市場挑む(2018.02.02)

     日本ケロッグは、日本発売55周年を機に、シリアルが持つ新たな可能性に挑戦する。近年拡大する「ダイジェスティブウェルネス(DW)=腸の健康」市場に挑戦し、小麦ブランにスーパー大麦を加え、シリアルを「朝食から腸食」に進化させ、腸の健康を…

  • 農産加工

    タカノフーズ、「おかめ納豆」27年ぶり価格改定(2018.02.02)

     タカノフーズは「おかめ納豆」ブランドの主要商品を4月1日から5品、5月1日から5品、価格改定する。改定率はメーカー出荷価格で110~120%。価格改定は1990年以来27年ぶり。納豆最大手の同社が改定することで、他社も追随しやすくな…

  • 小売

    セブンイレブン、国内小売初の2万店に(2018.02.02)

     セブン-イレブン・ジャパンは1月31日に国内店舗数が2万0033店となった。2万店を超えるのは国内小売業初のこと。

     次の3万店の達成時期は未定だという。ハードルも高くなり、同業・異業種との激しい競争で高日商の店を増やし…

  • 農産加工

    越後製菓、包装米飯値上げ(2018.02.02)

     越後製菓は、4月2日出荷分の包装米飯12品で価格改定を実施する。希望小売価格で、1パック当たり10~60円の値上げ。原料米価格の上昇や人手不足による人件費・物流経費の高騰で、自社合理化努力ではコスト上昇分の吸収が困難となった。

  • 酒類

    キリンビール、「のどごしストロング」好調発進(2018.02.02)

     キリンビールの高アルコール度数の新ジャンル「のどごしストロング」は、1月23日の発売から1週間で年間目標の2割に当たる2000万本(350ml換算、大瓶換算では55万ケース)を販売した。

     同社では、「発売前後の“ストロ…

  • 小売

    バローHD、ココカラファインと業務提携 PB相互活用、共同販促を(2018.02.02)

     バローホールディングス(HD)とココカラファインは1月31日、商品や出店戦略などに関する業務提携を発表した。バローが有する食品のノウハウをココカラファインに、ココカラファインの持つヘルスケア関連の専門性をバローグループに提供し、シナ…