日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

  • 酒類

    高瀬知康社長(右)とジョルジョ・ポレガート・アストリア社オーナー

    高瀬物産、「コールドワイン9.5」披露 飲用機会拡大へ(2018.10.31)

     高瀬物産は24日、イタリア・アストリア社オーナーのジョルジョ・ポレガード氏を招き、「コールドワイン9.5」シリーズの新ボトルデザインの披露パーティーを東京都千代田区のアジア料理店「丸の内CHITA CHITA」で開催した。

    <…
  • 菓子

    モンテール、「わスイーツ」桔梗屋コラボ第2弾 桔梗信玄餅風たい焼発売(2018.10.31)

     モンテールは11月1日、和菓子と洋菓子を融合させた「わスイーツ」シリーズから、銘菓「桔梗信玄餅」を販売する桔梗屋とコラボした「ふわもちたい焼・桔梗信玄餅風」=写真=を発売する。桔梗屋とのコラボ商品は7月にも発売し好評を得たことから第…

  • 菓子

    三菱食品、「生活志向」にクリスマス限定品2品発売(2018.10.31)

     三菱食品は100円均一(税別)のオリジナル菓子ブランド「生活志向」シリーズからクリスマス限定パッケージの新商品2品=写真=を発売した。29日から期間限定でSMなど全国の店舗で販売。 新商品は「生活志向ホワイトマシュマロ」「同ムギチョ…

  • 調味

    だい久製麺、仙台鍋スープ2品投入 国分東北と共同開発(2018.10.31)

     【東北】だい久製麺は鍋シーズン向けに、国分東北との共同開発商品として「郷土の味仙台かき鍋スープ」「同せり鍋スープ」の2品=写真=を発売した。かき鍋はかきエキスで仕立て、うまみとコクのある醤油仕立て。せり鍋は脂ののった鴨汁の風味豊かな…

  • 小麦加工

    松屋製粉、家庭で簡単に「ガレット」を ミックス粉発売(2018.10.31)

     松屋製粉は11月1日、家庭でフランスの郷土料理「ガレット」が簡単に作れるミックス「おウチdeクッキング そばガレットミックス」=写真=を新発売する。食生活を健康的で豊かにすることを考えたそば関連商品の開発を行っている一環として同品を…

  • 小麦加工

    日清製粉グループ、今年も「V.LEAGUE」に協賛(2018.10.31)

     日清製粉グループは、26日に開幕したバレーボールのトップリーグ「V.LEAGUE Division1MEN/WOMEN」に今年もマーケティングパートナーとして協賛する。

     同グループは2015年に「V・プレミアリーグ女子…

  • 酒類

    本坊酒造、山梨ブドウ使用「マルスワイン」2種発売(2018.10.31)

     【九州】本坊酒造は10月下旬から「マルスワイン ルージュ」=写真(左)=と「マルスワイン ブラン」=同(右)=を発売する。山梨県で収穫されたブドウを使用して醸造し、一升瓶で瓶詰めした日本ワインで、いずれも内容量1800ml、参考小売…

  • 小売

    完全セルフ・キャッシュレスレジを9台設置

    カスミ、筑波大学店で完全キャッシュレス実験 レジ待ち解消(2018.10.31)

     カスミが1日に開設した筑波大学店(茨城県つくば市)は、キャンパス内の特殊立地で売場面積は768平方m(230坪)の小型店だ。利用客の9割以上が大学関係者で、20代前半の単身者が大半を占める。こうした特殊な条件下で、精算は全台セルフレ…

  • 小売

    国分グループ本社の日本橋本社ビル内の無人店舗

    国分グローサーズチェーン、無人店実証を開始 最大課題は物流(2018.10.31)

     国分グローサーズチェーン(KGC)は、無人・省人化店舗システムの運用の検証を開始した。年内は品揃えやオペレーションを検証する。オフィスや工場、病院や介護施設などの事業所内で福利厚生のサービスとして提案したい考えだ。本格展開に向けて、…

  • 小売

    ヤオコー北本中央店、顧客がメニュー評価 掲示板に表示(2018.10.31)

     ヤオコーは17日、売場面積2056平方m(620坪)の北本中央店(埼玉県北本市)を開設した。1.5km離れた北本店(同市)、3kmの距離にある鴻巣境川店(埼玉県鴻巣市)の間に出店し、周辺シェアの向上を図る。

     北本中央店…

  • 小売

    東急ストア、雪が谷店建て替え 惣菜強化で競争力(2018.10.31)

     東急ストアは、17日に建て替えでオープンした「東急ストア雪が谷店」(東京都大田区雪谷大塚町9-13)で鉄板焼や100円均一のインストアベーカリーなど惣菜部門を強化して競争力を高めた。売場面積592平方mで、年商10億円を見込んでいる…

  • 小売

    竹田珠恵西友執行役員(左)と小森紀昭楽天執行役員

    西友と楽天の協業本格化 ネットスーパーで成長 3温度帯センター稼働(2018.10.29)

     西友は、楽天との合弁会社で行うネットスーパー事業を成長に向けた重点分野と位置付ける。楽天は、購入頻度の高い食品カテゴリーの強化を重視する。25日には3温度帯に対応するネットスーパー専用の配送センター(千葉県柏市)が本格稼働した。西友…

  • 農産加工

    セントライ青果と丸協青果、合併に向け協議 全国3位の規模へ(2018.10.29)

     【中部】名古屋中央卸売市場北部市場(愛知県豊山町)に本社を構える「セントライ青果」(17年度取扱高764.5億円)と、名古屋中央卸売市場本場(名古屋市熱田区)の青果卸「丸協青果」(同133.9億円)が、1年半後の20年春までの合併に…

  • 小売

    セブンイレブンの新マシンはタッチパネル式の次世代型でさまざまな機能を持てる

    大手CVS、コーヒー新マシン投入 セブン、抽出時間2割減(2018.10.29)

     大手コンビニエンスストア各社が入れたてコーヒーの新型マシンの投入を相次ぎ進めている。セブンイレブンが12月から順次導入する新マシンは現行機より約2割抽出時間を短くし、待ち時間を減らして購入客を増やせる。10月から新型マシンを導入開始…

  • 菓子

    上野誠一郎社長

    上野砂糖、「災害備蓄用 焚黒糖」が防災製品大賞銀賞に(2018.10.29)

     【関西】上野砂糖の「災害備蓄用 焚黒糖」が防災安全協会主催「防災製品大賞2018」災害食・非常食部門で銀賞を受賞した。

     同賞には「防災製品」「災害・非常食」「復興支援」「新製品・開発」の4部門があり、各部門で金・銀・銅…

  • 惣菜・中食

    ケンコーマヨネーズ、秋冬は大豆ミート展開 多様な食嗜好対応(2018.10.29)

     ケンコーマヨネーズは15日、2018年秋冬新商品7アイテムを発表した。健康への関心が高まる中良質なタンパク源として注目される「大豆ミート」を使った2商品を展開。人手不足や調理の簡便化に加え、高まるインバウンド需要に関連するビーガンな…

  • 外食

    メディア関係者らが集まった美人ランチ試食会

    美人ランチ実行委員会、ヘルシーDo啓発で腸美人メニュー提供(2018.10.29)

     【北海道】美人ランチ実行委員会(事務局=アミノアップ)は、北海道食品機能性表示制度(ヘルシーDo)の認定製品を使用したランチ「ヘルシーDo 応援プロジェクト美人ランチ」を11月1日から札幌市内のホテル・レストランで期間限定販売する。…

  • 菓子

    「チョコがけいちご〈ミルクチョコパウダー仕立て〉」

    クリート、チョコがけいちご期間限定2品投入(2018.10.29)

     大手菓子卸、コンフェックスの子会社であるクリートは、フリーズドライのイチゴをまるごと1粒使用した人気のチョコレートに、ココアパウダーとホワイトチョコパウダーをそれぞれまぶした期間限定商品「チョコがけいちご〈ミルクチョコパウダー仕立て…

  • 農産加工

    村井嘉浩知事(中央)とサンドウィッチマン

    村井宮城県知事、「だて正夢」天下取り宣言 特徴は強い甘み(2018.10.29)

     「伊達政宗は天下を取れなかったが、“だて正夢”は天下を取る!」と、村井嘉浩宮城県知事がブランド米戦国時代に天下取りを宣言して送り出すのが、開発に十余年をかけたプレミアムブランド米“だて正夢”だ。

     “もちもち”とした食感…

  • 菓子

    森河洋一取締役

    日清シスコ、チョコフレーク文化守りさらなる成長を 時代に合わせ進化(2018.10.26)

     日清シスコは、チョコフレークカテゴリーで75%のシェアを誇る「チョコフレーク」を通してチョコフレーク文化を守りながら、ブランドを時代に合わせて進化させることでさらなる成長を目指す。同社の「チョコフレーク」は、直近の5年で出荷実績が1…