チャーハン・回転寿司消費実態調査 コロナ禍でも米飯好調

総合 統計・分析 2021.04.16 12215号 05面

 コロナ禍で米飯のニーズが好調に推移している。ニチレイフーズが実施した「全国チャーハン調査2020」(期間=20年9月4~14日)によると、生活者の約7割が1ヵ月に1回以上チャーハンを喫食。また、マルハニチロによる「回転寿司に関する消費者実態調査2021」(同=21年3月5~12日)では、コロナ禍においても家族と回転寿司店で食事をする頻度は「コロナ禍以降も変わらない」が約5割を占めている。
 「全国チャーハン調査2020」によると、20~79歳の男女の

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら