タキイ種苗、20、30代の家庭菜園意識調査 コロナ禍で経験者増える

家庭菜園は育てやすく、手間が掛からず、場所も取らないトマトが人気

家庭菜園は育てやすく、手間が掛からず、場所も取らないトマトが人気

 ●掛ける費用、男性が意欲的
 【関西】タキイ種苗が春栽培の野菜の種まきにシーズン前に、全国の20、30代の1万人に「春の家庭菜園に関する調査」を実施した。若者の約半数が家庭菜園経験者で、うち約7割が継続期間を「3年未満」と回答したことから、コロナ禍の在宅時間の増加の影響が顕著となった。「家庭菜園」への年間使用金額は平均1万8241円で、男性は女性の2倍以上をかけ、両者とも「もっとお金をかけたい」と前向きだったことも分かった。