製粉特集

製粉特集:奥本製粉 18年販売実績は7%増、数量増へ個別課題に対応

小麦加工 2019.07.24 11913号 09面
アンシェンヌ

アンシェンヌ

 奥本製粉は、SBSカテゴリーIIIの枠拡大やTPP11、日欧EPAの発効など、原料調達に影響を与える制度の改定が相次ぐ1年となった中で、18年の小麦販売実績が64万t(前年比7%増)と成長した。要因は、麺用粉が若干減少するも、パン用粉が増加、加えて市販用が大きく伸長したことが、全体の拡大につながった。  19年度の方針は、既存取引先ごとの個別課題に迅速に対応し、数量増加を目指す。商品戦略では、新商品の食事パン用粉「アンシェンヌ」を4月から発売し、提案活動している。海外戦略は

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら

  • 製粉特集

    小麦加工

     奥本製粉は、SBSカテゴリーIIIの枠拡大やTPP11、日欧EPAの発効など、原料調達に影響を与える制度の改定が相次ぐ1年となった中で、18年の小麦販売実績が64万t(前年比7%増)と成長した。要因は、麺用粉が若干減少 […]

    詳細 >