外見に技能 リスク管理の現場から(2)外見不安は増加傾向

総合 連載 2019.01.23 11823号 03面

スマートフォンでQRコードを読み取るか、https://m.umu.co/ssu_mrS2dd4にアクセスすると外見不満足度アンケートがあります

スマートフォンでQRコードを読み取るか、https://m.umu.co/ssu_mrS2dd4にアクセスすると外見不満足度アンケートがあります

 ●タブー視の歴史  外見については1921年から研究されてきた。当初は「なぜ個人の身体的特徴が周囲の人に影響するのか(Perrin)」を研究しようとする試みであった。1940年、50年代は、外見と自己認知に関する研究が出てきたが、外見が影響を持つことを認めることへの嫌悪感もあった(Berscheid)ために、社会行動科学の研究者たちは目の前にある現象を無視してきた(Cash and Pruzinsky)。60年代になって形成外科手術や歯科矯正治療ができるようになってきたこと

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら