東北流通特集

◆東北流通特集:中小SM、生き残り模索へCGC参加進む

小売 2019.08.14 11923号 10面

 東北CGC加盟11社は年商総額4300億円、関東、東海に次ぐ規模を誇る。人口減少、高齢化のスピードが速い東北で加盟社の多くが地域一番店を有し、地元の台所として存在感を示してきている。500坪(1650平方m)を超える店もあるが、大方が300~400坪(990~1320平方m)の中で品揃えを精査しながら地域に合わせ、買いやすさも支持の大きな理由になっている。  CGC組織内でのグループ化は量、質ともに進化してきている。5月に宮城県柴田町が本部の伊藤チェーンは、アークスと経営統

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら

  • 東北流通特集

    小売

     東北CGC加盟11社は年商総額4300億円、関東、東海に次ぐ規模を誇る。人口減少、高齢化のスピードが速い東北で加盟社の多くが地域一番店を有し、地元の台所として存在感を示してきている。500坪(1650平方m)を超える店 […]

    詳細 >