設立から10年、マークスHD特集

設立から10年、マークスHD特集:マエダ・前田惠三社長 10年後に生き残る組織を

小売 2019.08.23 11928号 11面

 3月期売上げは315億9600万円、7.5%増、これは八戸市のみなとやのM&Aがあったため。経常利益は14億2500万円、0.7%増、経常利益率が4.3%となった。マエダの商圏特徴は、ナンバーワンのユニバース、次に紅屋商事、そして私たちだ。店舗数が38店。今期スクラップ・アンド・ビルドが2店、大幅リニュアルが1店。  出店施策では県内でまだ空白のエリアがあり、ここでのドミナンスがまず第一だ。八戸でM&Aをやった以上は、ここで支持される店をつくっていかなければならない。激戦地

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 設立から10年、マークスHD特集

    小売

     ●自助努力相互扶助 1000億円グループへ  自助努力と相互扶助を柱に掲げ設立したマークスグループ4社の活動は、10年目に入った。NB商品の共同仕入れからスタート、東日本大震災で壊滅的な被害も受けたが、試練を乗り越え4 […]

    詳細 >