パン粉特集

パン粉特集:大川食品工業 低糖質の提案を継続 糖質70%カット、吸油率も40%カット

小麦加工 2022.07.04 12426号 07面

 大川食品工業の21年度は、大きな増減なく微増で着地した。家庭用は前年並みで推移。業務用は昨年と比べて伸びているが、19年のコロナ禍前と比べるとまだ回復していない。
 新型コロナの影響について「業務用の売上げにおいて卸流通の先である飲食店、旅館などの回復が遅いと感じている。今夏に向けて人の動きが戻り始めれば回復に向かうと思われる。しかし、働き方もリモートがある程度恒常化するとみられ、生活スタイルも変わる。人の動き方も変わり、町の飲食店などがどこまで回復

  • パン粉特集

    パン粉特集

    小麦加工

     21年のパン粉市場は前年の家庭用伸長の反動はあったが、トータルではほぼ前年並みで着地したもようだ。巣ごもり特需が消失し、家庭用を中心に苦戦を強いられたが、年末からは市場が安定し、現在まで売上げが前年を上回って推移してい […]

    詳細 >