北雄ラッキー経営戦略特集

北雄ラッキー経営戦略特集:販売=パワープライス訴求 SNS販促など多彩に

小売 2021.05.29 12234号 05面
吉田武生 執行役員営業本部販売統括部長

吉田武生 執行役員営業本部販売統括部長

ID-POSデータ分析に基づく併売展開も強化(鮮魚売場コーナー)

ID-POSデータ分析に基づく併売展開も強化(鮮魚売場コーナー)

 ◇北雄ラッキー・吉田武生執行役員営業本部販売統括部長
 長期化するコロナ禍で、お客さまの買い物頻度が減る流れが加速しています。例えば以前週3回来店されていた方が、今は週2回に減っている状況が当社の会員データから読み取れます。今後も客数が戻らない前提で考えると、客単価をいかに上げていくかが重要です。チラシやポイント還元などの販促効果は以前ほど見込めません。このため、ID-POSを活用したデータ分析に力を入れています。例えば、重点商品の牛ステーキを売ると

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 北雄ラッキー経営戦略特集

    北雄ラッキー経営戦略特集

    小売

     ●唯一無二の存在感 顧客ニーズに対応 北雄ラッキーは、札幌を中心とした道央圏をはじめ、北網エリアでのドミナント展開を核にSSMの「ラッキー」「シティ」、小商圏型小型SM「マート」、衣料館などの店舗フォーマットで全道34 […]

    詳細 >