アマニ事典(第12回)  人気ふりかけ商品とのコラボ アマニ入り商品企画事例【PR】

アマニ事典では、これまでアマニを使ったコラボレーション商品を紹介してきました。今回は三島食品の人気商品“ゆかり”にアマニを入れた事例です。“ゆかり”を提供する三島食品は消費者のみなさんの健康を考え、「ゆかり 五穀入り~ローストアマニを添えて~」をラインナップに加えました。三島食品とニップンのタッグで、食卓に新たな彩りを提供しています。
同商品の開発ストーリーを三島食品株式会社 研究所 試作担当の上霜浩二氏にお聞きしました。

三島食品とアマニとのつながりは、2016年9月ころに同社の仕入れ卸会社からアマニを紹介されたことから始まりました。同社は、消費者の健康志向に応えるべく、健康に良い商品を採用することに積極的に取り組んでいます。そこで、主力商品の“ゆかり”にアマニを入れる、製品開発の検討をしました。

開発時にはいくつかのハードルがありました。まず、すべての材料を均一に混ぜ合わせることです。ゆかりの主成分は、塩蔵赤しそ(赤しそ(中国、日本)、食塩、梅酢)、食塩、砂糖などです。これらの材料とアマニや五穀の大麦、オーツミール、煎り米、あわ、ひえ等には大きさや比重の違いがあります。つまり、これらすべてを撹拌機で混ぜ合わせると、大きさが小さい材料、比重が重いものが撹拌機の下部に溜まってしまい、なかなか均一にならないのです。撹拌機の上部と下部で味が違ってしまうようでは商品として提供できません。

さらには、美味さを感じてもらうためには、材料それぞれの配合比率はどうするのか。健康面に貢献できる量を入れるとしたら、どのような比率にすべきか。塩分の調整、完成時の全体の色合いなども調整が必要でした。その上で、今回は“ゆかり”の持つ元々の食感、味と差を感じさせないことも開発のポイントでした。

そして、最も困難だったのが価格維持です。価格は従来品の“ゆかり”と同じ、つまりは値上げなしの開発が求められていました。「ゆかりの美味しさをそのままに」、「ゆかりの食感もそのままに」、さらにアマニを入れて「従来品と同じ価格で販売する」という条件まで加わっていました。アマニの仕入れ価格は、他の材料と比較して高めです。「ゆかり 五穀入り~ローストアマニを添えて~」の原材料配合割合は、仕込み時でアマニ7%の量が入っています。これでは採算ラインに乗らず、他の素材の価格調整、利益率の見直しなど、様々な壁を乗り越えてなんとか従来品と同価格を実現させました。

以上のような多くの課題を解決させ、企画から約2年半かけて完成し、ゆかり発売50周年の2020年8月に発売開始となりました。

「ゆかり 五穀入り~ローストアマニを添えて~」は、アマニを混ぜたことで、五穀と合わせて穀類の比率が高くなり、食感を向上させることが出来ました。さらには、“ゆかり”シリーズの他の商品と比べて塩分相当量が少なくなるという効果もあり、健康面で商品価値を高めることができました。

「“ゆかり”は多くの方がご飯と一緒に食べていただいていると思われますが、“ゆかり 五穀入り~ローストアマニを添えて~”は、ごはんにふりかけるだけでなく、サラダなどにも合う商品です。今までの常識に拘らず、調味料感覚で様々なシーンに使用できます。特に健康意識の高い方にはお勧めの逸品です。」、と上霜氏は語ってくれました。

発売後は、小売りバイヤー、特にアマニをよく知っているバイヤーからは健康面にも配慮していると高い評価のコメントが寄せられています。消費者からも、「ゆかり単色よりも見栄えが良い」、「アマニ入りで従来品と同価格であれば買い!!」などの嬉しい声が数多く寄せられているそうです。

今後、三島食品では、同商品の販売状況を見極め、消費者ニーズ等を確認した上で、アマニを業務用商品にも展開したいと考えており、アマニへの期待が膨らんでいます。

三島食品株式会社
〒730-8661 広島市中区南吉島二丁目1番53号
URL:https://www.mishima.co.jp/
研究所 試作担当 上霜浩二氏

これまで12回にわたり、アマニの魅力について紹介してきました。
アマニが日本で広く認知されるようになった背景や、α-リノレン酸、食物繊維、リグナン(SDG)などの身体に欠かせない栄養価が豊富なことをお伝えしました。アマニ以外にも健康に良いとされる食品は多くありますが、アマニにはどれだけの素晴らしいパワーがあるかを理解いただけたと思います。今後も、コラボレーションが増えていくと期待したいですね。

ニップンは、2003年に国内で初めてアマニ製品の提供を開始しました。皆さんの食生活を改善してもらい、健康になってもらいたいと考え、TVコマーシャルを始めとする広告媒体での情報提供の他、食育活動、日本災害食の認証、スポーツ関係、地方自治体、医療関係者向けにアマニの提案を続けています。

また、ニップンはアマニのリーディングカンパニーとして、アマニを食べる人に最大限の効果を感じていただくべく、味、品質を重視した安全安心な商品をお届けしております。ニップンのアマニは、産地、品種にこだわり、非常に高品質で、日本アマニ協会の「日本アマニ協会認定商品」マークを付与しております。

どのようなシーンや料理にも活用できるように、アマニオイル、アマニ粒・粉末、そしてドレッシングやマヨネーズなどで提供しています。さらに、今回も紹介したようにコラボレーションについても積極的に取り組んでいく考えです。
多くの方にアマニを食べてもらって健康維持につなげてほしいとニップンは願っています。

日本製粉株式会社
本社所在地
〒102-0083 東京都千代田区麹町4-8
TEL:03-3511-5301
https://www.nippn.co.jp/index.html
https://nippn-info.com/amani1/
公式FaceBook
公式Instagram

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら