長野・山梨地区新春特集

長野・山梨地区新春特集:信州そば=高配合系で需要キャッチ

小麦加工 2022.01.14 12347号 13面
「信州そば」は長野県の観光需要の柱。業界内外からはコロナ禍の早期収束を願う声が高まる=長野自動車道・姨捨サービスエリアの土産品売場

「信州そば」は長野県の観光需要の柱。業界内外からはコロナ禍の早期収束を願う声が高まる=長野自動車道・姨捨サービスエリアの土産品売場

 そばの一大ブランド「信州そば」。観光需要も大きなウエートを占めている外食はもちろん、麺製品の分野でも抜群の市場認知度を誇り、地域の食品産業をけん引している。
 中でも、明治期に長野市で誕生した乾麺、乾そばは、長野県が製造量で全国トップ。市場シェアは、40%超を占めている。
 乾そば市場ではここ数年、「十割」や「八割」といった、そば粉配合率が高い商品の売れ行きが好調。高配合ならではの「そば湯を楽しむ」といった“コト消費”も広がり

  • 長野・山梨地区新春特集

    長野・山梨地区新春特集

    総合

     22年を迎えた長野、山梨両県の食品業界。新型コロナウイルスの感染拡大が一定の落ち着きを見せ日常を取り戻しつつあった年末年始だが、年明け以降、再び感染者数が増え始めるなど、コロナ禍は丸2年に突入しようとしている。観光需要 […]

    詳細 >