昆布加工品特集

◆昆布加工品特集:次世代層獲得目指して訴求強化 増える料理&調味料用途

水産加工 2020.08.12 12095号 08面
和えるだけで一品ができる簡便性が内食ニーズにマッチ

和えるだけで一品ができる簡便性が内食ニーズにマッチ

 昆布佃煮や塩ふき昆布、とろろ昆布、だし昆布など、高齢者を中心としたユーザー層を獲得してきた昆布加工品市場だが、社会環境の変化に伴い、次の世代に受け入れられるトレンド対応、使い方提案が求められている。加工品メーカーでは料理の調味料としての用途訴求に力を注いできた。コロナ禍による内食需要の高まりの中で、量販店・SMなどでは特に塩ふきの伸びが目立ち、佃煮やとろろの動きも堅調だった。ご飯や麺料理の“添え物”としての消費増のほか、需要期ではない昆布茶が好調に推移したことを加味すると、

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 昆布加工品特集

    昆布加工品特集

    水産加工

     昆布佃煮や塩ふき昆布、とろろ昆布、だし昆布など、高齢者を中心としたユーザー層を獲得してきた昆布加工品市場だが、社会環境の変化に伴い、次の世代に受け入れられるトレンド対応、使い方提案が求められている。加工品メーカーでは料 […]

    詳細 >