外食・中食産業向けソリューション特集

外食・中食産業向けソリューション特集:アビー・大和田哲男社長に聞く

機械・資材・IT 2020.04.15 12039号 12面
大和田哲男社長

大和田哲男社長

 アビーが開発した細胞組織を生かす技術「CAS(セル・アライブ・システム)」の活用が世界で広がっている。CAS内蔵の急速凍結機で冷凍した食品は細胞膜が破壊されないため、解凍後も風味や香りが蘇る。生鮮品に比べて保存性や扱いやすさも向上する。食品や料理を輸出する際にもメリットは大きく世界のマーケットで戦う“武器”になる。営業の最前線で指揮を執る大和田哲男社長にCAS導入のメリットや今後の展開について聞いた。(涌井実)  ●CASで“日本の味”を世界へ  --CASの導入実績は。

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 外食・中食産業向けソリューション特集

    機械・資材・IT

     ●資材・食材で活用進む ITで業務効率化も  外食・中食をはじめ食品業界に向けた高付加価値化・業務効率化の提案が加速している。クラウン・パッケージは環境に配慮した“エコ容器”でテークアウト需要に対応。アビーは細胞組織を […]

    詳細 >