鍋物調味料特集:マーケティング担当者に聞く=Mizkan 「鍋活」の応援スタート

調味 特集 2018.10.12 11777号 09面
田中保憲MD本部商品企画部主任

田中保憲MD本部商品企画部主任

 ●糖質オフなど新たな魅力発信  今年から「鍋活(なべかつ)」を応援する。食卓で囲む鍋料理はおいしさだけでなく、会話が弾む楽しさ、食べる人を思いやる健康といった喜びが詰まっている。鍋料理を増やし、生活を豊かにする活動を「鍋活」と定義。メニューそのものの価値発信、消費者価値の向上、料理の動機付けを推し進める。  市場の活性化策を毎年積み重ね、鍋の豊富な野菜量や加温効果などは常識になりつつある。一過性のメニュー人気は続いて1~2年だが、健康価値は限りない。  今年から「勝手に糖質

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら