メニュートレンド:ビールジョッキの中に肉!? 「とりあえずビーフ」

2021.02.01 504号 02面
とりあえずビーフ 1,650円(税抜き)

とりあえずビーフ 1,650円(税抜き)

添えられたタレをかけて綿あめを溶かす仕掛けで、お客が動画をSNSに投稿したくなるきっかけをつくっている

添えられたタレをかけて綿あめを溶かす仕掛けで、お客が動画をSNSに投稿したくなるきっかけをつくっている

朱色のテーブルに濃茶のソファのボックス席が中心。奥のレジカウンターには著名人のサインが飾られている

朱色のテーブルに濃茶のソファのボックス席が中心。奥のレジカウンターには著名人のサインが飾られている

 「とりあえずビール」のフレーズは居酒屋でおなじみの注文方法。これをもじって笑える焼肉メニュー「とりあえずビーフ」を考案したのが東京・亀有の焼肉店「焼肉レストラン 錦城苑」だ。同店は創業55年を誇る地域密着型焼肉店の老舗だが、これまでも数々のアイデア料理を提案し、テレビ取材も多数訪れる実力派だ。

 ●綿あめ溶かす演出で動画投稿誘う 専用ジョッキで映え力アップ!

 「いつも良いアイデアはないかと考えている」と語る岡本永日店主が、同品をひらめいたのは2017年。行きつけの居酒屋で生ビールを飲んだときに“とりあえずビール”という決まり文句をもじった“とりあえずビーフ”というネーミングを思いつき、そこからイメージを膨らませていった。

 ビールジョッキのガラス面に貼り付けるように上カルビ肉100g分を縦にぐるりと並べていき、中心部分には細切りの季節野菜を詰め込む。そして、上に綿あめをのせてビールの泡を演出する。ジョッキに肉というビジュアルも規格外だが、さらには綿あめという組み合わせも驚きだ。これだけでも十分SNS映えするが「今は動画で映えなければバズれない」と考えたのが、タレを上からかけて綿あめが溶けていくシーンを動画ポイントとする仕掛けだ。「甘くてベタベタな綿あめなんて合わせたら、せっかくの肉がもったいない」なんて思う者もいるだろうが、もともと焼肉のタレには砂糖や蜂蜜などが使われている。そこで綿あめが溶けたときに味が完成するようにタレの味を調整することで、高いクオリティーを担保しているのだ。

 さて、メインの写真をご覧になってお気づきだろうか? 生ビールの入ったジョッキと同品のジョッキの形状が異なっていることを。とりあえずビーフ用のジョッキは直径がやや大きく、高さが低いのだ。つまり同品専用にわざわざジョッキを取り揃えたわけだが、その理由について岡本店主は「見た目も量もしっかり伝えるためには、既存のジョッキではバランスが悪かった」と語る。コストはかかるが、やるからには完成度の高さにこだわることが大切なのだ。

 その結果、週末には日販15食を売るヒット商品に。一度体験したお客が、後日別の友人を誘って再注文して驚かせるといった好循環にもつながっているという。しかも年代を問わず支持されている点は、同品が外食の楽しさを表現している証しといえるだろう。

 ●店舗情報

 「焼肉レストラン 錦城苑」 所在地=東京都葛飾区亀有5-38-4 岡久ビル2階/開業=1965年9月/坪数・席数=100坪・110席/営業時間=17時~24時。年末年始休/平均客単価=4000円

 ●愛用資材・食材

 「銀印ごま油(濃口)」 かどや製油(東京都品川区)

 ごまの香りしっかり コスパも優れる

 岡本店主は祖母の代から続く3代目として店を引き継いでから、さらなるクオリティーアップに着手。タレの改良にあたって採用したごま油が同品だ。「韓国料理にとってニンニクとごま油は味付けの要。価格と品質のバランスもいい」と岡本店主は評する。

 規格=1650g

 【写真説明】

 写真1:「とりあえずビーフ 1,650円(税抜き)」 生ビールと並べてみると、そのユニークさが際立つ。岡本店主自ら目利きして仕入れる和牛の上カルビ肉を1人前(約100g)使用しており、そもそも高品質であることもリピート注文されやすい要因だ

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら