台風19号関連

総合 2019.11.13
台風19号関連

 12日夜から13日未明にかけて東日本を通過した台風19号は、食品業界にも大きな被害をもたらした。各地でメーカーの生産拠点や小売店舗が記録的な大雨や河川の氾濫による浸水被害に見舞われ、復旧を急いでいる。15日現在、冠水地帯以外では休業店舗の大幅な縮小や配送体制の回復といった動きは進んできたものの、一部では再開のめどが立っていない。中間流通を担う卸業界では大手の三菱食品や国分グループ本社、三井食品、伊藤忠食品などで人や商品・拠点への大きな被害はなかったというが、今後の被災店舗への商品供給など対応に追われている。各地の被害状況や今後の見通しを調べた。(篠田博一)