リンゴ加工特集

農産加工 2019.11.21
リンゴ加工特集

 東北農政局が5月に発表した東北の2018年産リンゴ結果樹面積、収穫量と出荷量は次の通りとなった。
 結果樹面積は2万7100ha、前年比1%減、収穫量は58万5500t、同5%増。出荷量は52万5300t、同5%増。県別の収穫量は、青森県44万5500t、同7%増、岩手県4万7300t、同19%増、宮城県2730t、同10%減、秋田県2万3000t、2%減、山形県4万1300t、同12%減、福島県2万5700t、同5%減。
 全国の収穫量の県別シェアは青森県59%、岩手県6%、山形県5%その他で、東北は77%を占める。
 青森県の18年産産地価格について県りんご果樹課は次のようにコメントしている。
 「入荷量が小玉傾向だった前年に比べると多くなったものの、11月までは平年に比べ少なく、大玉傾向だったこともあり、価格は前年や平年を上回る高値で推移した。12月以降は、台風によるキズ果などが多くなったことや競合果実の入荷量が増えたことから、全般に安値基調となった。累計の産地価格は215円(1kg当たり)で前年と変わらず、平年対比では5%増となった」
 生果も加工でき、秋に期待が寄せられ、忙しくなるこの時期の青森リンゴ。昨年産の状況を中心にまとめた。(東北支局長=三沢篤)