今日は何の日

10月13日。今日はの日

10月13日は一般社団法人全国豆類振興会が制定した豆の日。陰暦9月13日に、名月に豆を供えて食べる「豆名月(まめめいげつ)」という風習があったことにちなむ。

農産加工 今日のキーワード: まめ

日本における豆とは何か

一般に「豆」とよぶ穀物は、植物分類学上ではマメ科に属し、ササゲ属、インゲン属、ソラマメ属、エンドウ属、ダイズ属、ラッカセイ属などがある。ササ ゲ属は小豆とささげの2種類からなり、インゲン属はいんげん豆とべにばないんげんに分かれ、前者には金時豆、手亡豆、うずら豆、虎豆、大福豆が、後者に は白花豆、紫花豆がある。また、ソラマメ属にはそらまめ、エンドウ属にはえんどう、ダイズ属には大豆、ラッカセイ属には落花生がそれぞれ種として存在する。

栄養学的には「高脂質の豆」と「でん粉質の豆」に分類され、前者には、大豆、落花生などが含まれ、脂質が多いのが特徴である。後者には、小豆、ささげ、いんげん豆、えんどう、そら豆、緑豆などが属し、糖質を50%以上含むのが特徴である。

現在わが国における豆類の自給率は2011年度でわずか9%程度と低く、さらに大豆となると7%にすぎず、90%以上は輸入で補われていることになる。日本人の1人1日の豆類の摂取量の国民栄養調査によれば、70.2gとされている。大豆、落花生は製油原料としての需要も多い。また枝豆、グリーンピース、 絹さやインゲンなど未熟豆や豆もやしについては豆野菜(Legumes Vegetable)としての 価値も高い。

(日本食糧新聞社『食品産業事典 第九版』(引用箇所の著者:ホクレン農業協同組合連合会 農産部 雑穀課))

ダノンジャパン、植物性ミルクで新ジャンル開拓へ 10月から全国展開も
2020.06.05
4月家計調査 消費支出11.1%減 食品は6.6%減
2020.06.05
文科省、学校臨時休業対策補助金の第2次申請受け付け 1次は予算3分の1の支給…
2020.06.05
半数が名前知らないロングセラー ギャップの理由は 紀文調べ
2020.06.05
海苔市場 トレンド、生産で海外先行 安定消費に陰り
2020.06.05

タイアップ企画広告一覧

食べて応援ご当地名物30選
職人技は動画で伝える
うつわが彩る華やかな食卓
資源循環に挑む
食べ物の単位と漢字1
アマニ事典1

毎日が展示会

動画配信フードジャーナル