今日は何の日

12月11日。今日は胃腸の日

12月11日は日本大衆薬工業協会(現 日本OTC医薬品協会)が制定した胃腸の日。日付は「胃にいい」の語呂合わせに由来する。

農産加工 今日のキーワード: 納豆

胃腸の味方、納豆

大豆そのものが体にさまざまな効き目をもたらすことは古い時代から知らされ ていた。平安時代につくられた 「医心方」という医書のなかに、大豆のさまざまな体への効能が書かれている。「大豆を炒り、熱いうちに酒の中に入れて飲むと、中風(脳卒中)が口噤(言語障害)を緩和し、産後の肥立ちをよくする」などと書かれている。 また「一年食べ続けると、体が軽くなり、精力が増す。長いこと食べ続けると胃腸の機能を高める……」と記載されていて、昔から大豆の健康効果はいわれていた。大豆は脂質、炭水化物、カルシウム、鉄、各種ビタミンといった栄養を豊富に含む。さらに「畑の肉」とよばれるようにたん白質を多く含んでいるのが特徴である。

納豆はその大豆を発酵させているので、消化吸収の効果が向上したり、大豆そのものに納豆菌が醸す栄養素や機能性成分が付加されるため、より機能的な食品になることがわかってきている。

納豆ならではの食品としての機能性では代表的なものは「ビタミンK2」「納豆菌」「ボリアミン」がある。

(日本食糧新聞社『食品産業事典 第九版』(引用箇所の著者:全国納豆協同組合連合会  松永 進))

ナリコマグループ、九州に新CK開設 最大日産3万食カバー
2020.08.04
ヤマダイ食品、創業100年目に家庭用参入 オンラインショップも開設
2020.08.04
外食事業者5社、連携で「食品リサイクルループ」認定取得 食品残さを飼料化
2020.08.04
ネスレ日本、「スターバックス」のスティック新製品投入 成長加速へ
2020.08.04
Mizkan Holdings、京都市と食品ロス削減で協定 京野菜を丸ごと食…
2020.08.04

インターネッ販売促進事業

タイアップ企画広告一覧

ヴァイカンテクニカルレポート
HACCP制度化がスタート
食べて応援ご当地名物30選
職人技は動画で伝える
うつわが彩る華やかな食卓
資源循環に挑む
食べ物の単位と漢字1
アマニ事典1

毎日が展示会

動画配信フードジャーナル

日食フードジャーナル