今日は何の日

12月17日。今日は飛行機の日

1903年12月17日、ライト兄弟が飛行機の初飛行に成功した。

乳肉・油脂 今日のキーワード: チーズ

飛行機製作のために生産が減ったチーズ

日本でチーズを生産した記録は、1921(大正10)年に始まる。当時の国内生産量はわずかに8 tで、輸入44tを合わせても52 tであった。1925から1927年の 国内での総消費量は63~68tで、1人当たりに換算すると年間1 gであった。

国内生産量は1930(昭和5)年に19t、1935年に104t、1940 年に262tに達した。当時、国内市場にチーズを供給したのは北海道札幌市の出納牧場(アメリカ式酪農を学び、実践した牧場) とトラビスト修道院(北海道渡島当別)であった。また、アメリカ、カナダからチェダーチーズ、オランダからエダム、ゴーダなどのチーズが輸入された。

1941(昭和16)年、太平洋戦争が始まるとともに、軍需品としてのカゼイン(木製飛行機製作用の接着剤)の生産や練乳、粉乳の増産のためチーズの生産は激減した。敗戦の年の1945(昭和20)年は87tにまで生産が落ち込んだ。それから10年後の1955年には 1,209tと急激に生産が回復し、日本の食生活になじみにくかったチーズも徐々に取り入れられていったことがうかがえる。

(日本食糧新聞社『食品産業事典 第九版』(引用箇所の著者:林 弘通 ))

〔新商品〕チャイミルクティー味のアイス=ハーゲンダッツジャパン
11:01
ライフコーポレーション、差別化商品の開発推進 恵比寿に続き亀戸でも
09:50
日本水産、新中計スタート サステナ経営に軸足 24年度に売上高7900億円
09:35
農業用水、試験供給へ準備=愛知の大規模漏水
2022.05.22
全米で粉ミルク不足=増産へ「国防生産法」も
2022.05.21

タイアップ企画広告一覧

製造日報電子化システムを導入 業務負担の大幅な軽減を実現
沖縄国際物流ハブ
エネルギー消費量の削減とBCPを実現
NTTビジネスソリューションズ
cccmk
宮崎工業団地
EU産オリーブオイル
NZ食材
アメリカ大豆
麻婆豆腐カップ
サステナブル・シーフード
新しい資金調達の選択肢 電子請求書早払い
食の安全を守る微生物検査のポイント
食品工場のスマートファクトリー化と省力化・自動化
世界のアマニから
世界最大の生産国 アメリカン・チーズを探る
健康・SDGs惣菜にくるみ
ディープラーニング画像検査
プルーンが解決する食の未来
カリフォルニア・アーモンド フェア
EUセミナーレポート
デジタル活用のヒント
異物混入を防ぐ監視システム最前線
知的財産講座
農業・食産業の知的財産
お茶と茶器の素敵な関係
D2Cを加速
食品安全マネジメントに関わるHACCPの重要性
#元気いただきますプロジェクトNEWS
発酵調味料TasteNrichが国内本格発売開始
ヴァイカンテクニカルレポート
HACCP制度化がスタート
食べて応援ご当地名物30選
職人技は動画で伝える
うつわが彩る華やかな食卓
資源循環に挑む
食べ物の単位と漢字1
アマニ事典1

毎日が展示会

動画配信フードジャーナル

日食フードジャーナル

おうちで焼肉