今日は何の日

1月31日。今日は愛菜の日

1月31日はカゴメ株式会社が制定した愛菜の日。野菜を愛する日を意味し、野菜の摂取量が少なくなりがちなこの時期にももっと野菜を食べて、健康的な食生活を送ってもらいたいという思いが込められている。日付は語呂合わせに由来する。

農産加工 今日のキーワード: ジュース

野菜が不足気味なときに活用したい野菜ジュース

野菜飲料には、トマトやニンジン、パンプキンなどの単品の野菜を原料にしたジュースおよびドリンクと、トマトやニンジン、セロリ、クレソン、ビート、ビーマン、ほうれん草、キャベツ、レタス、パセリなどの野菜を混合使用した トマトミックスジュース、野菜とリンゴやレモンなどの果実とを混合使用した野菜果実ジュースなどがある。

野菜飲料の年間生産量は、約50万klである。収穫期採取の原料を そのまま使ったフレッシュパック品と濃縮した原料を使用した濃縮還元品とがある。なお、トマトの濃縮には非加熱で濃縮できる逆浸透法も使われている。

製造方式では、高温短時間殺菌 (HTST・121℃で約1分)した液汁を90℃まで冷却し、熱間充填する方法と、無菌充填する方法とがとられている。

総生産量約50万klのうち、缶飲料のシェアは10%程度であり、紙容器飲料が約55%、PETボトル飲料が35%程度、びん飲料は1%に満たない。

(日本食糧新聞社『食品産業事典 第九版』(引用箇所の著者:沼尻光治、公益社団法人 日本缶詰協会 金村宣昭))

江崎グリコ「Pocky」、2年連続ギネス世界記録 世界のポッキー楽しめる施策…
2021.10.15
クイック・ロック社、「エコ・ロック」日本市場で本格展開 バイオマス素材使用
2021.10.15
味の素、調理ロボットのTechMagicと協業
2021.10.15
イートアンドHD、上半期決算 黒字転換、関東第二工場が寄与
2021.10.15
日本水産、高純度EPA医薬品原料を米国に出荷
2021.10.15

タイアップ企画広告一覧

食品工場のスマートファクトリー化と省力化・自動化
世界のアマニから
世界最大の生産国 アメリカン・チーズを探る
健康・SDGs惣菜にくるみ
ディープラーニング画像検査
プルーンが解決する食の未来
カリフォルニア・アーモンド フェア
EUセミナーレポート
デジタル活用のヒント
異物混入を防ぐ監視システム最前線
知的財産講座
農業・食産業の知的財産
お茶と茶器の素敵な関係
D2Cを加速
食品安全マネジメントに関わるHACCPの重要性
#元気いただきますプロジェクトNEWS
発酵調味料TasteNrichが国内本格発売開始
ヴァイカンテクニカルレポート
HACCP制度化がスタート
食べて応援ご当地名物30選
職人技は動画で伝える
うつわが彩る華やかな食卓
資源循環に挑む
食べ物の単位と漢字1
アマニ事典1

毎日が展示会

動画配信フードジャーナル

日食フードジャーナル

おうちで焼肉