今日は何の日

5月29日。今日はシリアルの日

5月29日は日本ケロッグ合同会社が制定したシリアルの日。日付はシリアルの代表ともいえるコーンフレーク(529)の語呂合わせに由来する。

農産加工 今日のキーワード: シリアル

サナトリュウムで生まれたシリアル

シリアル食品は、そのまま、あるいは温めるだけで食べられるように加工した、穀物を主原料とした加工食品を指す。原材料としては、トウモロコシ、小 麦、米、大麦、燕麦(えんばく、オーツ麦)、ライ麦などの穀類を主原料としている。その穀物に、蒸煮、圧扁、成型、膨化、ばい焼などの加工を行い、必要に応じてビタミン類、野菜、果実、ナッツ類を加えて製造したものである。調理が簡単なので、欧米諸国では、朝食としてよく食されている。

1876年、米国ミシガン州でウエスタン・ヘルス・リフォーム研究所所長のJ.H.ケロッグ博士と、その弟のW.K.ケロッグは、彼らが経営していたサナトリュウム(保養所)の療養者のために、健康によく、栄養豊富な食品の研究開発を進めていた。食物繊維が豊富な穀物や大豆を材料に、おいしくて消化のよい食べものを研究していた時に、たまたま水分を含んだ小麦をローラーにかけてフレーク状に加工し、それを焼き上げたところ、パリッとした小麦フレークがで きた。これが「グラノーズ」で、 現在のシリアルの原型となった。

その後、製造上の改良を重ね、 穀類のもつ栄養素をそのまま、おいしく食べやすく加工したの がシリアル食品の始まりといわれている。

(日本食糧新聞社『食品産業事典 第九版』(引用箇所の著者:カルビー株式会社))

ニップン、家庭用グロサリー秋季新商品 新ブランド「My soup style…
2021.07.30
群馬製粉、秋田県立大学とコラボで高RS米粉と加工品発売
2021.07.30
健康増進に摂取したい栄養素1位は「ビタミンC」 マルハニチロ調べ
2021.07.30
ニップン、21年秋季家庭用新商品戦略 グロサリー・冷食で初年度60億円目指す
2021.07.30
カゴメ、第三次中計に向け アフターコロナでも「変わらない」消費者意識に注目
2021.07.30

タイアップ企画広告一覧

カリフォルニア・アーモンド フェア
EUセミナーレポート
デジタル活用のヒント
異物混入を防ぐ監視システム最前線
知的財産講座
農業・食産業の知的財産
お茶と茶器の素敵な関係
D2Cを加速
食品安全マネジメントに関わるHACCPの重要性
#元気いただきますプロジェクトNEWS
発酵調味料TasteNrichが国内本格発売開始
ヴァイカンテクニカルレポート
HACCP制度化がスタート
食べて応援ご当地名物30選
職人技は動画で伝える
うつわが彩る華やかな食卓
資源循環に挑む
食べ物の単位と漢字1
アマニ事典1

毎日が展示会

動画配信フードジャーナル

日食フードジャーナル

おうちで焼肉

地方の新しい食文化とおいしいものを再発見!