今日は何の日

6月18日。今日はおにぎりの日

6月18日は石川県鹿島郡鹿西町(現在の中能登町)が制定したおにぎりの日。当地の杉谷チャノバタケ遺跡の竪穴式住居跡からは日本最古のおにぎりの化石が発見されており、鹿西町が地域おこしのために制定された。日付は鹿西の「ろく(6)」と、毎月18日の「米食の日」と合わせたものに由来する。

農産加工 今日のキーワード: コメ

おにぎりに欠かせない、日本のコメの歴史

わが国の稲作は、長江下流から山東半島経由で、対岸の朝鮮半島南部に上陸し、対馬海峡を渡って北九州に伝播した説と、長江下流から東シナ海を渡って、朝鮮半島南部と北九州に伝播した2つのルートが考察されており、どちらかに特定されるというより、この2つのルートを通って何度も日本に伝えられたというのが最近の説だ。

わが国の稲作が始まったのは縄文時代で、本格化したのは弥生時代。稲作の普及を機に社会が格段に変化した。すなわち日本文化は、稲を主軸とした農業 文化により開花したといっても過言ではない。水田が日本を代表する光景であり、田植えや稲刈りなどでは豊作を祈るため儀式や祭りを行った。また稲作の 神様が宿る正月の鏡餅などの風習は現代にも受け継がれている。

同時に「石高」という言葉に代表されるように、コメが通貨単位としても機能していたこともわかる。江戸時代にはコメだけでなく、野菜や魚なども含め、藩ごとの食糧生産量をコメに換算して計算されており、文化のみならず経済の根幹まで支えていたことも象徴的だ。

(日本食糧新聞社『食品産業事典 第九版』(引用箇所の著者:佐藤路登世))

日本ハム冷凍食品、21年秋冬商品8品を投入 家庭の食卓時間を大切に
2021.08.02
ネクストミーツ、代替肉製造工場を新設 3年以内に10倍の規模へ
2021.08.02
6月商業動態、食品実績は前年超え DgS、地域で明暗
2021.08.02
兼貞物産、椎茸由来のGABAを含有した商品発売 機能性表示食品では初
2021.08.02
ニップン、家庭用グロサリー秋季新商品 新ブランド「My soup style…
2021.07.30

タイアップ企画広告一覧

カリフォルニア・アーモンド フェア
EUセミナーレポート
デジタル活用のヒント
異物混入を防ぐ監視システム最前線
知的財産講座
農業・食産業の知的財産
お茶と茶器の素敵な関係
D2Cを加速
食品安全マネジメントに関わるHACCPの重要性
#元気いただきますプロジェクトNEWS
発酵調味料TasteNrichが国内本格発売開始
ヴァイカンテクニカルレポート
HACCP制度化がスタート
食べて応援ご当地名物30選
職人技は動画で伝える
うつわが彩る華やかな食卓
資源循環に挑む
食べ物の単位と漢字1
アマニ事典1

毎日が展示会

動画配信フードジャーナル

日食フードジャーナル

おうちで焼肉

地方の新しい食文化とおいしいものを再発見!